チリ大地震の破壊力とは

チリ大地震の破壊力とは 1

チリを襲ったマグニチュード8.8の大地震。

米国海洋大気庁が発表したこの図は、地震によって引き起こされた66.6エクサジュールもの巨大な力が、太平洋上に広がっていく様子を示したもの。

この地震のパワーは、15.8ギガトンのトリニトロトルエン爆薬が爆発した時と同じ威力を持ち、ソビエトが開発した史上最大の水素爆弾「ツァーリ・ボンバ」316個分の威力と同等の数値です。

更にこの巨大なパワーは太平洋に巨大な津波を発生させました。幸いなことに、海洋の反対側に到達するまでには津波のパワーは弱くなりましたが、現地をはじめとした周辺の国々では被害は甚大です。

一刻も早く被災地が復興されることを願うばかりです。

[NOAA]

Jesus Diaz(原文/遠藤充)