失明の兵士、舌で視力を回復(動画)

クレーグ・ランドバーグ(Craig Lundberg)上等兵は2007年イラクで携行式ロケット弾を受け完全失明しました。が、今はこの装置のお陰で、舌で字を読んだり形を識別できてます。

この驚きの新技術は「BrainPort」。Wicab社の神経科学者が開発したもので、日本でも数年前から話題になってますけど、ランドマークさんはイギリス国内の試作品ユーザー第1号とのこと。

BrainPortは以下3つのパートから成ります。

・ビデオカメラ搭載のサングラス

・舌に伸びる「lollipop(棒キャンディー)」

・iPod大のハンドヘルド端末

この棒あめみたいなものを舌に乗せると、カメラが捉えたものが何でも電気パルスに変換され、舌に伝わります。すると脳がそのパルスを画素化したイメージとして処理するんですね。ハンドヘルドはズームしたり光量を調整したりの制御に使います。

視神経が駄目になったら舌蕾を代わりに使っちゃえ、というわけで、装置はまだ試作品ですが、初期実験結果は信じられないほど有望。負傷兵には何よりの贈り物ですし、順調に実用化が進んで失明撲滅の分水嶺になってくれるといいですね!

[ITN]

Brian Barrett(原文/satomi)