ジョブズ氏、臓器移植を語る

ジョブズ氏、臓器移植を語る 1

移植手術を受けた経験をもつジョブズ氏自ら語ります。

臓器提供を待っている被移植者の中で、最も病状が悪いと診断されたジョブズ氏は昨年肝臓の移植手術を受けました。幸運にも、ジョブズ氏は臓器提供を受けることができましたが、カリフォルニア州(ジョブズ氏在住)には、臓器提供を待ちながら亡くなってしまった方が昨年だけで400人ほどいました。

先日、ジョブズ氏はパロアルトにあるLucile Packard子供病院にアーノルド・シュワルツェネッガー州知事と共に訪れ、アメリカ初の生きているうちに臓器提供の登録を呼びかけるためのイベントで現在のカリフォルニアの臓器提供システムと自身の体験について語りました。

自分は幸運だった。

ジョブズ氏は自分が4時間以内で行わなくてはいけない臓器移植手術を国を横断して受けにいけた自分の環境についてそう語ります。

「昨年カリフォルニアでは400人という人が臓器提供を待ちながらも亡くなった。自分も死んでいたかもしれない。」

ジョブズ氏は、現在の臓器提供者のシステムを「あなたは臓器を提供しますか?」という至って簡単な質問をしない実に曖昧なやり方だと指摘しました。また、イベントに参加している他の移植手術体験者に、自身の健康状態について「いたって気分がいい。死にかけたけど、ここ数ヶ月はとても健康だ。」と話しました。

臓器移植によって一命を取り留めたジョブズ氏ゆえに感謝と今のシステムへの憤りが人一倍あるのですね。

「あなたは臓器を提供しますか?」

[Business Insider]

Rosa Golijan(原文/そうこ)