伊集院光、「あんた、本気出しちまいなよ!」とソニーを激励

伊集院光、「あんた、本気出しちまいなよ!」とソニーを激励 1

問題はいつ品薄が解決するか、ですね。

はちま寄稿さんのエントリーによりますと、2010年03月22日放送の「伊集院光 深夜の馬鹿力」において、伊集院光さんtorneを大絶賛していたそうです。

例えばレッドカーペットとかの番組を録画するじゃん? で、それを再生して□ボタンを押すと、フィルムのコマみたいにザーっと秒間隔でコマ一列になってくれるわけ。間隔は15秒~2分ぐらい間隔を細かく切り替えができる。早送りで飛ばして行き過ぎたりしないし楽だった。

「これ1台あればHDDレコーダーは終わり、にはなってない所もある。」とウイークポイントにも触れているのも伊集院さんらしいのですが、続いてユーザーの本当の願いを代弁してくれています。

 

ソニーに対してなんかもう「あんた、本気出しちまいなよ!」って思うのね。多分あの力を使ってHDDレコーダー作ったら、恐らく他の全てのHDDレコーダを凌駕した物を作れてすべて駆逐できるものになると思う~トルネはPS3込みで買っても4万ちょいなの。それを4台買えば4チューナー、外付けHDDも使えるので、同じ値段のHDDレコに比べて相当コストパフォーマンス優れてる事になる。突き詰めていけばまだ部品も減らせるだろうし無敵じゃない?

ソニーには、ユーザーインターフェースは凄かったけど商品力には繋がらなかったPSXという苦い思い出がありますから、torneに対しても懐疑的だったのかもしれません。でも今回のtorne騒動を見て、「イケるんじゃね?」と考えてくれれば嬉しいですねー。

ところで僕は子供だからなんのことかわかりませんが、ラジオライフの編集さんから「もうTS抜きできますよ」というお話を伺いまして。ニホンゴよくわからないのですがジャパニーズハッカーの力もスゴイものがありますね。

伊集院光がラジオで『torne(トルネ)』を語る 「ソニー、あんた本気出しちまいなよ!」[はちま寄稿]

(武者良太)