エルゴノミクスなマウス? いえ、キーボードも入ってます。

エルゴノミクスなマウス? いえ、キーボードも入ってます。 1

デザイナーのエリック・キャンベルさんがデザインしたこの赤い小さな円盤みたいなもの。これは、キーボードの代わりとして使うことができる「コーデッド・キーボード」です。この円盤には5つのキー(黒い丸の部分)がついていて、それらを押す・押さないの組み合わせが、キーボード入力のキーに対応しているので、キーボード入力と同様の入力が可能です。

エルゴノミクスなマウス? いえ、キーボードも入ってます。 2

コーデッド・キーボードのオリジナル版は、マウスの発明者としても知られるダグラス・エンゲルバート氏によるもので、最初に作られたのは1968年。こちらは四角くて素っ気ないレトロなデザインですが、それはそれで魅力的。

コーデッド・キーボードでは、キーボード入力できるものは何でも入力できます。以下の動画では、手のひらに入るサイズのコーデッド・キーボードでの入力の様子を見せてくれています。こうして見ると、別にいつものQWERTYのキーボードじゃなくてもいいんだなっていう気がしてきます。

キャンベルさんは、これらの武骨なデザインよりももっと手になじむ形として、クラゲにインスパイアされ、このコーデッド・キーボードをデザインしたのだとか。クラゲというか、溶けたテントウムシに見えないこともないですね。

日本では、一味違うキーボードというと「親指シフト」が有名ですが、人とコンピューターのより良いインターフェースを考え続けている方々の情熱、応援したいですね。

[Walyou]

Kyle VanHemert(原文/miho)