Windows Phone 7は偉大なる時代の逆行なのか? マルチタスク非対応を堂々宣言

Windows Phone 7は偉大なる時代の逆行なのか? マルチタスク非対応を堂々宣言 1

どんどん言い訳がましく聞こえます...

ようやく衰退下降の一途をたどる「Windows Mobile」シリーズにも終止符が打たれるのか! そんな大いなる期待を抱かせて出てきたわりには、この期に及んでビックリ仰天な欠陥の数々も露呈している「Windows Phone 7」ですけど、当のマイクロソフトの開発トップは、各所で上がるブーイングの嵐なんぞ、もう一体どこ吹く風ぞといった感じですよ。

あらゆるサードパーティーのアプリにバックグラウンドでマルチタスクなんて許してごらん。トンでもなくバッテリーを消費しちゃいますから。そんなろくにバッテリーすらもたないスマートフォンなんて、だれも使いたくありませんよ。マルチタスクを許可しないことこそが英断なんですよね

そう堂々とMIX 10カンファレンスで語ってくれたのは、マイクロソフトの開発本部を統括するスコット・ガスリーさんですが、この様子だと、いざWindows Phone 7の搭載製品が続々発売される頃でも、なんら改善の意志はなく、マルチタスクには非対応のままでリリースされてきそうですね。本当にアップルが早々と今夏にもマルチタスク対応してくれば、Windows Phone 7は発売時から化石化したOSになっちゃうのかも...

John Herrman(原文/湯木進悟)