Bluetooth内蔵でヘッドホンマイクになる時計「KISAI Escape C」レビュー(長文注意)

Bluetooth内蔵でヘッドホンマイクになる時計「KISAI Escape C」レビュー(長文注意) 1

一見すると時間が全然わからない時計を各種販売しているとってもクールな「東京フラッシュジャパン」さんが、「こんなのどうですか?」ってサンプルを送ってくれたのが、こちら「KISAI Escape C」です。

見た目、UFOみたいですが、違いますよ。これは、時計でありながらBluetoothを搭載。携帯電話のヘッドホンマイクやミュージックプレーヤーのヘッドホンとして使えちゃう、新しいデバイスなんです。

ちょうど、iPhoneのヘッドホンがボロボロになってしまって買い換えようかどうか悩んでいた三浦が、このデバイスがiPhoneで使えるのかどうか試してみたいと思います。

その結果はこの後!

 

100411kisai02.PNG

さて、Escape CはUSB経由でパソコンから充電しておく必要があります。充電が終わったら、付属のヘッドホンをヘッドホン端子に接続し、本体中央の電源ボタンを押して電源を入れておきます。次にPhone側の設定をしましょう。iPhoneの「設定」から「一般」→「Bluetooth」を開き、「オン」に設定します。そして「デバイス」に「KISAI ESCAPE C」と表示されたらタップします。

100411kisai03.PNG

すると「"KISAI ESCAPE C"がお使いのiPhoneへの登録を求めています」なんてメッセージが表示されるので「みかけによらず大胆だな。そんなぐいぐい求めてくるなんて...」とか思いながら「登録」をタップ。これで登録は完了です。

Bluetooth内蔵でヘッドホンマイクになる時計「KISAI Escape C」レビュー(長文注意) 2

登録が終わったらiPhoneの「デバイス」のところに「接続中」と表示されるはず。これで使用可能な状態になります。無事使えるのかな...。試しにEscape Cで音楽再生をコントロールしてみます。とりあえず、iPhoneからiPodを起動して音楽を再生。そしてEscape Cから停止、再生、音量調節などをしてみました。

Bluetooth内蔵でヘッドホンマイクになる時計「KISAI Escape C」レビュー(長文注意) 3

使えました。おおお、Escape C自体は首からネックレスのようにぶら下げたりできるので、iPhoneをカバンの中に入れたまま音楽再生とかできちゃいますね

音はというと、う~ん、どうだろう。僕はあんまり音に対して神経質ではないのですが、音が悪いとは思いませんでした。純正のヘッドホンに比べると、ややドライな感じですかね。純正のほうに慣れちゃってるんで、最初は違和感あったんですけど、慣れちゃえば特に問題ないでしょう。

それよりも気になったのは、再生スピードがばらけることですかね。なんかたまに音が速くなるときがあるんですよ。

わがギズモードのAV番長(いやらしくないほう)の武者さんにも聞いてもらいましたが、ヘッドホン自体は普通だけど、Bluetoothで接続しているために、やや低音が削れているとのこと。また、音が速くなるのは、Bluetoothでのデータ転送がうまくいかなくて、帳尻合わせるためにそうなることがあるようです。あと、ヘッドホンにL/Rの表記がないのも気になったかな。

電話はもちろんOK。電話がかかってきたらEscape C本体の真ん中の電源/通話ボタンを押せば通話開始です。音量調節もOK。通話終了時はもう一度電源/通話ボタンを押しましょう。

ただし、電話を自分からかける際はiPhoneで操作しましょうね。Escape Cの電源/通話ボタンを長押ししてかけようとすると、履歴の一番上にあるところに自動的にかけちゃうんで。

さて、Escape Cは時計でもあるんで、時間がわかりますよ。

Bluetooth内蔵でヘッドホンマイクになる時計「KISAI Escape C」レビュー(長文注意) 4

ほら! って全然わからねぇ!! でもこの「時計なのに時間が読みづらい」っていうのは、東京フラッシュジャパンで扱っている時計全般にいえることですよね。そこらへんが超クール。時間が読めない時計こそクールです。

これ何時なんでしょうか。僕はわかりますよ。なんせ取説見てますからね。

Bluetooth内蔵でヘッドホンマイクになる時計「KISAI Escape C」レビュー(長文注意) 5

Bluetooth内蔵でヘッドホンマイクになる時計「KISAI Escape C」レビュー(長文注意) 6

はい、これが取説なんですが、見てもいまいちわからねえ! でもあれですね、外から2番目が時間で、一番外が5分、もっとも内側が1分。時間は2段表示で6時間を超えると6+1時間という表示になるんですね。

なもんで、写真の時刻は10時08分ってことになります。これ、取説見て理解しても、パッと見たときにランプがどの位置で光っているのかが把握しづらくて、最強に時間わかんねっす! かっこいい!!

ということで、KISAI Escape C、お値段は9800円。高いんだか安いんだかすらもうよくわかりませんが、iPhone用のBluetoothヘッドホン+時計と考えたら結構いいかもしれませんね。え? 時計は時間がよくわからない? んなことはわかってます! でも、2年くらい使い続ければすぐにわかるようになるんじゃないですかね。精進あるのみです

ちなみにカラーバリエーションは黒のみ。付属するネックレス用チェーンは10種類から選択可能です。

KISAI Escape C[東京フラッシュジャパン]

(三浦一紀)