アチチチチッ~Core i7 MacBook Proは水を湧かせるほど熱くなる

2010.04.28 13:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

20100418macbook-on-fire.jpg

        
数々のベンチマークで、いい感じの新MacBook Pro 17インチ Core i7ですが、PC Authorityが新MacBook Pro 17インチ Core i7のバッテリーのベンチマークテストを実施たところ...本体はものすごく熱くなり、一連の奇妙なエラーが起こりはじめたそうです。彼らが、テストを完了させるために唯一の方法はMBPを横にするしかありませんでした。問題は明らかに熱です

そこで、PC Authorityは他のテストもしてみることにしたのですが、その間ずっとCPUの温度を追跡してみました。彼らは、自分たちの結果に対しても懐疑的な気持もあったので、一晩システムをオフにして、再びテストをしてみました。そして、Cinebenchを使って、CPUにフルで負担をかけるように設定してみたところ、両方のインスタンスでi7 coreの温度が101℃~115℃にまで達しました。

これって、水の沸点よりも高いですよぉ。

以前ベンチテストをした富士通のLifebook SH760を繰り返しテストした時、CPUは81℃ぐらいでした。同じi7プロセッサだけど、銅の放熱板が設置されているからかもですね。

でも、PC Authorityは日常使用する場合、MBP CPUの熱は90℃ぐらいだったことを認めていて、MacBook Pro i7は日常使用するために買うコンピューターというよりは、モバイル・プロセッシングとして買うものなので、あまり心配する必要はないかもとのこと。

でも、この17インチでの結果を踏まえ、もっと小さな15インチ i7だったら、どうなっちゃうのかなぁ?


[PC Authority]

-Mark Wilson(原文/junjun )
 
※御指摘ありがとうございます、記事修正しました。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加