Flashは死にません!アドビとグーグルが協力

Flashは死にません!アドビとグーグルが協力 1

アドビグーグルが、「深い関係」になったそうです。

Chromeブラウザに、Flashビルトインされるようになります。つまりChromeでは、Flashはプラグイン扱いせず、別々にアップデートする必要がなくなります。まるでそう、HTML5の理想を実現したかのような状態になるんです。

Chromeブラウザ開発チャネルではこの件がすでに動いていて、つまり近々、ChromeブラウザCherome OSそれぞれにおいて実現されそうです。グーグルはこれについて次のように述べています。

ユーザーがChromeをダウンロードすると、最新のAdobe Flash Playerも付いてきます。Flash Playerを別でインストールする必要はありません。

ユーザーはChromeの自動アップデート機能を通じて、自動的にFlash Playerのアップデートも受けることができます。つまり、手動で別々にダウンロードする手間がなくなり、古いバージョンによるセキュリティリスクも軽減できます。

昔ながらのプラグインのやり方を改善することで、プラグインはブラウザのHTMLやJavaScriptエンジンと同じくらい速く、安定し、セキュアになります。これを進めていけば、HTMLもFlashも他のプラグインも、レンダリングやスクリプティングにおいて、もっとシームレスに使うことができるようになるでしょう。

これまで、FlashとHTML5に関する議論は、それぞれの違いが前提とされてきました。特に、ブラウザに内蔵された動画デコーダーとエンジンを使うHTML5に対して、Flashがいかに劣っていてセキュリティが弱く不安定なプラグインかということが強調されてきました。Flashをブラウザに直接統合してしまえば、そういったアンチFlashな批判をかわす材料になりそうです。多くの人が、ブラウザのJavaScriptエンジンが何であるべきかなんて気にしないように、YouTubeをブラウザのどんな機能を使って見るかも、気にされないことでしょう。ましてブラウザに統合されてしまえば、いちいち意識するきっかけもなくなるのです。

もちろん技術的にはもうちょっと複雑な面があります。アドビによると、

加えて、我々はグーグル、Mozilla、さらに幅広いコミュニティの方々と、新しいAPIについて検討しています。全てのWebブラウザおよびプラグインのインタラクションにとって、より良い方法を提供するようなAPIです。現在のNPAPIもよくできてはいますが、柔軟性に欠け、今後のイノベーションのペースについていけないと考えています。我々の期待は、新しいAPIによって、現在のテクノロジーではできないことが可能になることにあります。

この新しいプラグインプラットフォームについての検討は始まっています。これにより、普及率の高いプラグインの多くは、主要なブラウザに統合されていくことが考えられます。そうした機能はプラットフォーム非依存になり、セキュアで、パフォーマンスも向上し、自動的にアップデートされることになるでしょう。それでも、ソフトウェアとして見ればプラグインではありますが、一般的にはその違いが意識されないことでしょう。

とはいえ、こうしたコンセプトが、プラグインに関する全ての問題を解決するわけではありません。特に、サードパーティのソフトウェアによるセキュリティリスクなどは残ります。また、この件はiPad利用者にとってはあまり影響ありません。主要なサイトでは、iPad向けにHTMLベースの動画を提供しようと突貫工事中ですから。でも、これで「HTML5で、Flashが消える」説が薄れていけば、アドビにとってはうれしい話となるでしょう。

John Herrman(原文/miho)