Google検索結果にクレジットカード番号が!

Google検索結果にクレジットカード番号が! 1

これまた一体どうしたの?

米国のお買い物情報を共有できるサイトBlippyで起きた問題。

お買い物情報の共有とは、Blippyに自分のクレジットカードを登録し、そのカードで購入したものが表示される。そうやってみんなのショッピングリストを見てきゃいきゃいしましょうよ、というサイト。

このサイトに登録していた数人のカードの番号がなんとGoogleの検索結果に表示されるという問題が起きました。(現在は削除されているようです。)

もちろんカード番号だけで個人の名前はでていません、が、Blippyのアカウントネームがでていたそうです。アカウントネームが本名の人がいたら大変ですよね。

これに対してBlippyは公式文書をだしています。

Blippy曰く、何ヶ月も前のベータ版の時の情報で、現在のユーザーには影響なし。さらに情報がもれた数人のユーザーには申し訳ないが、思ってるより事態は悪くない。カードの番号がわかっても持ち主の許可なしでは使えないから大丈夫。となんだかとっても前向きです。もちろん、今後このようなことがないようにします、と言ってますよ。

なんだか心配いらないいらないってあんまり言われると逆に心配になります。

大丈夫なのかなぁ。

[Twitter]

Brian Barrett(原文/そうこ)