【How To】WindowsのデスクトップをWindows Phone 7風にカスタマイズする方法

【How To】WindowsのデスクトップをWindows Phone 7風にカスタマイズする方法 1

Windows Phone 7の使用感を先取りです!

WindowsのデスクトップカスタマイズツールのOmnimoが、Windows Phone 7風のインターフェースを取り入れてくれました。

(文中の画像、大きめのものはクリックするとさらに拡大します。)

以下の手順で、Windows Phone 7風のウィジェットがデスクトップに登場し、天気予報やカレンダー、お気に入りプログラム、未読メール、メモ、システムモニタリング(CPUやハードドライブ、RAMの使用状況)、Wi-Fiの電波状況、などなどがぱっと見られるようになります。また、これらは全てドラッグ&ドロップで簡単にカスタマイズできます。

【How To】WindowsのデスクトップをWindows Phone 7風にカスタマイズする方法 2

詳しくは続きでどうぞ!

Omnimoのインストール

注意:OmnimoWindows XPからWindows 7までのWindowsシステム上で動作します。

Omnimoをインストールする前に、最新バージョンのRainmeterをインストールする必要があります。64ビット版Windowsを使っている場合、バージョンを間違えないように注意してください。RainmeterはWindowsのカスタマイズツールで、Omnimoが動作するフレームワークになります。それに対しOmnimoは、下の方で詳しく書きますが、デスクトップをカスタマイズするのに必要なスキンレイアウトを提供します。

Rainmeterをダウンロードし、ウィザードに従ってインストールしたら、Omnimoをインストールする前にRainmeterをいったん立ち上げてください。Omnimoのインストールに必要な設定ファイルを作るためです。立ち上げたらすぐ、システムトレイのRainmeterアイコンを右クリックして「Exit」をクリックし、終了させていいです。

次に、Omnimo UIをダウンロードします。このページの左のサイドバーにある「Download」をクリックするとダウンロードできます。ダウンロードしたらファイルを全て解凍します。

この段階で、お使いのPCでSegoe UIフォントSegoe UI Lightフォントがインストールされているか、コントロールパネルから「フォント」を開いて確認してください。インストールされていない場合、Omnimoのサイトからダウンロードしたファイルの中に「segoeui.ttf」「segoeuil.ttf」(フォントファイル)があるので、これらを「フォント」フォルダにコピーしてインストールしてください。インストールされているかどうかよくわからないときも、とりあえず同じ手順を踏んだ方がいいです。すでにインストール済みの場合は、Windowsから警告を出してくれます。

【How To】WindowsのデスクトップをWindows Phone 7風にカスタマイズする方法 3

フォントの確認ができたら、Rainmeterが終了しているのを確認したうえで、解凍されたファイルの中のRainstaller.exeを立ち上げてください。これで、Rainmeter所定のフォルダにスキンとテーマが追加されます。Rainmeterが立ち上がったままだとうまくいかないので、注意してください。

このとき、たいていは「Express Install」で大丈夫でしょう。(たとえばRainmeterを全部デフォルト設定でインストールした場合は、Express InstallでOKです。)追加先のフォルダを変えたいときは「Custom Install」をクリックしてください。インストールが完了したら、「Launch Rainmeter」のチェックボックスをチェックした状態のままで「Finish」をクリックします。(ここ、細かくいうと、ミススペルがあって「Finnish」なんですが。)

するとRainmeter画面が表示されます。今度は、下の画像のような、インストールしたてのOmnimoのデスクトップになっているはずです。

【How To】WindowsのデスクトップをWindows Phone 7風にカスタマイズする方法 4

Omnimoの設定

Rainmeterを立ち上げると、上のウェルカムスクリーンが表示され、ダイアログの右下にある矢印を押すと、以下のギャラリー・ビューが表示されます。ギャラリー・ビューでは、たくさんのパネル、スキン、背景から好きなものを選べます。

【How To】WindowsのデスクトップをWindows Phone 7風にカスタマイズする方法 5

アイコンをクリックしてウィジェットを追加し、ドラッグして好きな場所に移動させます。スキンではウィジェットの四角部分の背景色を変更でき、背景では壁紙にオーバーレイを追加します。ギャラリーに後から戻るときは、小さな「+」記号をクリックすればOKです。

【How To】WindowsのデスクトップをWindows Phone 7風にカスタマイズする方法 6

さて、デスクトップにウィジェットが追加されたら、ウィジェットの設定をしましょう。ウィジェットにカーソルを合わせておくと、右上に小さなアイコンが表示されます。レンチのアイコンをクリックして設定画面を開きます。全ウィジェットで設定が必要なわけではありません。また、この過程でうっかり「X」をクリックしてウィジェットを消してしまっても、ギャラリー・ビューからまた追加できます。

レンチアイコンをクリックすると、Rainmeterの中のEnigma Configureユーティリティが立ち上がります。各ウィジェットでは、それぞれ別の設定項目があります。たとえばこのYahoo! Weatherの地域選択みたいな感じです。

【How To】WindowsのデスクトップをWindows Phone 7風にカスタマイズする方法 7

一部のウィジェットには設定そのものがなく、代わりに矢印でビューや機能を選ぶことができます。たとえば、Webブラウザのウィジェットでは、デフォルトのInternet Explorerから、別のブラウザに変更することができます。また、カレンダーのウィジェットでは、矢印でビューを変更できます。

【How To】WindowsのデスクトップをWindows Phone 7風にカスタマイズする方法 8

最後に、いくつか注意点を。「Windowsキー+D」でデスクトップを表示させると、Rainmeterやウィジェットも全部隠されてしまいます。全ウィンドウを最小化したいときは、「Windowsキー+M」を使いましょう。また、OmnimoはフリーでWindowsにダウンロードでき、動作にはRainmeter 1.1以降が必要です。

ぜひ、これで遊んでみてください!

The How-To Geek(原文/miho)