【噂】アップル、次はモバイル広告プラットフォームに参入?名付けて「iAd」

【噂】アップル、次はモバイル広告プラットフォームに参入?名付けて「iAd」 1

アップル、攻めますねー。

MediaPostによると、iPadに次ぐアップルのチャレンジは、モバイル広告プラットフォーム「iAd」になりそうです。しかも4月7日に開始だとか!

アップルとグーグルの蜜月が終わって法廷闘争が始まり、かと思えば最近はジョブズ&シュミットがお茶するシーンも見られてましたが...アップルvsグーグルの対決、ますます本気モードに入りそうです!

アップルがモバイル広告分野に参入することは寝耳に水というわけではありません。今年1月にはモバイル広告企業のQuattro2.75億ドルで買収していました。アップルはその数ヵ月前、モバイル広告1位のAdMobの買収話を進めていたのですが、交渉中にグーグルが割り込んでアップルより高い買収価格を提示、まんまとさらわれてしまった経緯があります。

最近では、アップルからデベロッパー向けに今年2月に発信された「App Store Tip」でも、アップルのモバイル広告への意欲を垣間見ることができました。デベロッパーに対し、「主にモバイル広告事業者にユーザーのターゲティングをさせるために位置情報を使うこと」を事実上禁止したのです。すなわち、そこは自分たちでやりたい、ということなのでしょう。

MediaPostの情報源によると、スティーブ・ジョブズはiAdを「アップルの次のビッグ・プロジェクト」であり、「革命的」なものと位置付けているそうです。

ただ、このニュースにはやや不可解な点があります。iAd4月7日、つまりiPad発売からたった4日後に開始するというのです。普通に考えれば、iPad発売後すぐに別のものを発表すると、iPadがかすんでしまいます。アップルがそんなスケジューリングをしているとは考えにくいのですが。

とはいえ、これまでの伏線を見ても、アップルがモバイル広告分野に新規参入し、デジタル音楽業界で起こしたような革命を起こそうとしているのはほぼ確実のようです。グーグルは検索連動広告で大成功しており、さらにAdMobの買収は、モバイル広告への着実な足がかりとなっているでしょう。が、モバイル広告の市場規模はまだまだ小さく、どうなるかは不確実です。アップルvsグーグルの覇権争いとなっていきそうですね。

[MediaPost via Boy Genius Report]

Kyle VanHemert(原文/miho)