これでiPadでのFlash動画閲覧が可能に!

これでiPadでのFlash動画閲覧が可能に! 1

動画コーデック変換技術を開発するRipCodeが、iPadでFlashが動かない問題への解決策を提案しています。コーデックを変換して、Flash動画をSafariで動くようにしてくれるのです。

RipCodeによれば、この技術を使うには、専用クライアントもホスト側での面倒なコーディングも不要です。彼らの開発したアプライアンス「TransAct Transcoder V6」が、FlashコンテンツをiPadで再生できるコーデックに変換してくれるのです。これを使えば、たとえばYouTubeの動画も、iPadであることをまったく意識せずに再生できます。

が、もちろん、誰も何もしないで使えるはずはなく、ふたつのことが必要です。ひとつは、各サイトでRipCodeの「TransAct Transcoder V6」を導入すること。もうひとつは、アップルがこの技術を認めてくれることです。もしファームウェアアップデートなどで、この方法が使えなくなったりしたらそれまでです。

アップルvs.アドビの対立が訴訟に発展しそうっていうもありますが、これくらいの抜け道は、残しておいてくれてもいいんじゃないでしょうか...。

[RipCode via Notebooks]

Mark Wilson(原文/miho)