全モデルLEDバックライト搭載の「LEDレグザ」シリーズ発売

全モデルLEDバックライト搭載の「LEDレグザ」シリーズ発売 1

東芝は、地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン対応液晶テレビ「レグザ(REGZA)シリーズ」の新モデル、「LEDレグザ」を5月上旬から順次発売すると発表しました。

LEDレグザは、全モデルにLEDバックライトと新開発の高画質映像処理システム「次世代レグザエンジン」を搭載。相乗効果により、高画質化とスリムなデザインを実現しています。

もちろん、外付けハードディスク録画対応ですよ。録画がバンバンできちゃいます。

「次世代レグザエンジン」は高画質処理のほか、外付けハードディスク録画やネットワーク制御も行っています。USBハードディスクは最大4台まで同時接続できるほか、ブロードバンドサービスにも対応しています。

55V、47V、42V、37V型の「Z1」シリーズは地上デジタルチューナーを3基搭載。番組を見ながら裏番組をW録画なんてことができちゃいます。

また、26V、22V、19V型の「HE1」は500GBのハードディスクを内蔵しています。外付けハードディスクがなくても録画できますよ。

ニュースリリース[東芝]

(三浦一紀)