Microsoftのリクルート方法をお教えします。

20100418_steve-ballmer-ces-0011.jpg

         

Microsoftから求愛を受けた人の体験談によると...

それはまるで愛の爆弾を落とされるようなかんじだそうです。ってどんなかんじか分からないので、もうちょっと詳しくお話すると、

まず、Tony(仮名)へのリクルーティングは電話で始まりました。未来のボスになる人は面接に興味があるか? と確認してきたので、彼はMicrosoftで働くつもりは無かったけど、どんなかんじなのか体験してみるのも面白いかなと思い面接を受けてみることにしました。

Tonyの住んでいる所からMicrosoftのキャンパスまでは車で4時間ぐらいかかるという話をしていると、Microsoftは「レンタカー用意しようか?」と聞いてきたので、彼は「もちろん」と答えたそうです。以前に彼をリクルートしてきた他の会社と違い、Microsoftは彼にレンタカーを用意してくれたんです。そして、彼の妻が買っちゃダメ! っていうから買えないでいる中型のSUVのレンタカーでMicrosoftのキャンパスまで向かいました。

Tonyは面接の前の日の夜にRedmond入りしたんですが、なんとMicrosoftは彼にその日の分も日給150ドル(1万4000円)をくれたので、後日、彼はそのお金で友人に夕食をおごったそうですよ...。

そして面接日の朝、TonyがMicrosoftのキャンパスまで車で向かうと、なんとそこには面接でどう対応したら良いかを教えてくれる人事アドバイザーが待っていて、面接で予測される質問の傾向についてや、今日8時間の面接で会う人達の事などを教えてくれたんだそうです。なので、他の技術系企業(Googleとか...)のリクルーティングの話をWebとかで読んだ時、「なぜマンホールは丸いのか?」なんてバカな質問があったので、Tonyは人事アドバイザーに、もしも、こういった種類の質問をされたらなんて答えれば良いのか聞いてみました。

すると、彼女は「もし、あなたにそんな質問をしてきたら、遠慮しないで席を立って部屋を出てきて構いません。そして私のオフィスに来てください。でも、そんな質問はされないでしょう」と答えてくれました。

彼女の言うとおり、面接での質問はどれも知的で具体的なものばかりでした。例えば「Microsoftの問題は何だと思いますか?」「システムが落ちてしまったら、どう修理しますか?」とか「あなたなら、Windows Mobileをどういうふうに設計しますか?」とか。彼が仕事で問題が起きた時にどうやって対処してきたか説明してほしいといった内容でした。

1時間ぐらいかけて質問が終わると、次の面接官へと進みました。最初の面接官よりも、2人目、2人目よりも3人目と進むごとに偉い人になっていくので、1日の終わりには、かなりハイレベルな人と話す事になります。

ちなみに、面接で失敗というか、ダメって判断された時点で次の面接官に会う事はありません。その時は「君が会う予定だった人は、今会議中なんだけど、彼は面接で鍵を握ってる人だから、今日は君を家に送って、別の機会にもどってきてもらう事になったよ」といったかんじで、やんわりとお断りされるとか。

面接は、一つの部屋で違う面接官が入れ替わり立ち替わり入ってくるわけじゃなく、面接が終わるとMicrosoftキャンパス内にある次の面接会場に車で送迎してくれるんです。彼が建物から出てくると、空港でよく見かけるようなかんじでサインを持ってる人が車を用意して待っていたそうです。

そして、油断ならないのはMicrosoftは彼がランチを食べてる時にも面接をしてくるところ。彼はチーズバーガーを食べたんですけど、この時、面接官はランチミーティングでの対処方法や礼儀作法をチェックしているんです。

Tonyの友人は、このランチ面接の途中で落ちちゃいました。お友達はアジアで面接を受けていたんですが、ランチの時にしゃべってはいけない彼の働いている会社のプロジェクトについて口を滑らせてしまったところ、Microsoftは即座に面接を終わらせたそうです。そして1週間後、面接を受けた友達のもとにMicrosoftから不採用の手紙が届きました。そこには、守秘義務契約を深刻に受け止めているので、貴方を不採用としましたと理由が書かれていたそうです。

Microsoftには、面接を受ける相手に対しても守秘義務契約を深刻に受け止める理由があるんです。

 Tonyが面接を受けたのは去年の秋ですが、Microsoftは彼に初期バージョン未発表のオペレーティングシステムWindows Phone 7を彼に観せてくれたんです。

観せてもらう前にTonyはポケットの中身を全部出して小さなロッカーに入れさせられてから、金属探知機を通り抜け、Windows Phone 7をデモする携帯がある研究室に入りました。新しいモバイルOSはかなりのインパクトがあったとか。こういう秘密をうかつにポロっとリークされちゃったら困りますから、守秘義務はちゃんと守る人じゃないとってわけですね。

そして、話は変わりますけど携帯電話つながりで、へ~っと思った事は、Microsoftのリクルーターが、Microsoftでは自分が好きなスマートフォンを使っていいし、仕事でMacを使いたいならOKなんだよと言ったそうです。また、一人の面接官は、Tonyに「会社では買ってあげないけど、もし使いたいなら、自分でMacを持ってきて使ってもいいよ。からかわれる可能性はあるけどね。でも、それがキャリアに響くことはないから」と言ったそうです。

と、そんな会話も含め、いろんな話をしつつ数々の面接をクリアし、最後のひと押しってことで、TonyはMicrosoftからSeattleとRedmondのツアーに誘われたんですけど、Microsoftは自分の居場所じゃないと思い断りました。実は、Tonyはリクルートの電話がかかってきた時既に、自分のコンサルティング会社を始めようと準備中だったんです。でも、もし自分の事業を始める予定が無かったら、基本給17万5000ドル(1600万円)で、Microsoftの社員になっていたかもって言ってました。

面接が終わって車で家に帰る時、Microsoftへ向かう道でBentleyのディーラーやAston Martinのディーラーを見かけたそうなので、もしかしたら今頃、そういった高級車を運転していたかもしれませんね...。いやぁー、それにしても来る人のところには来るんですねぇ。こんなラブコールが...。

-Business Insider(原文/junjun )