今度はタブレット型! NetWalker第2弾「PC-T1」

今度はタブレット型! NetWalker第2弾「PC-T1」 1

なんだかタブレット祭のようになってますが...。

独自のLinux OSを搭載したシャープのモバイル端末「NetWalker」シリーズの第2弾が登場しました。その名も「PC-T1」。前モデルはカパッと開いてキーボードで入力するスタイルでしたが、PC-T1はタブレットタイプになっています。

A6サイズのコンパクトボディで重さが280g。ネットブックなんかより断然軽いですね。もちろんiPadよりも。

今度はタブレット型! NetWalker第2弾「PC-T1」 2

ほら、手のひらサイズです。液晶サイズは5インチで、解像度は1024×600ドット。もちろんタッチペンで直接画面をタッチして操作します。Bluetoothをサポートしているので、外付けキーボードも使えます。

バッテリーは約6時間駆動が可能。モバイルマシンとしては十分じゃないでしょうか。

電子書籍フォーマットのXMDFファイルやテキストファイル、PDFファイルの閲覧が可能。電子ブックリーダーとしても活躍できます。PDFは書き込みもOKです。

電子辞書機能も搭載しているので、ビジネスマンや学生さんにももってこいかもしれませんね。

発売は5月。実勢予想価格は4万円後半です。

NetWalker PC-T1[シャープ via ITmedia

(三浦一紀)