磁石&貴金属微粒子で人工肝臓を再生!

磁石&貴金属微粒子で人工肝臓を再生! 1

お花見に新歓で肝臓もお疲れな季節ですね...。

それに加え、日々のお酒がたたって健康診断で先生から、このままじゃ、数年後には新しい肝臓が必要ですねなぁんて警告を受けてる人もいるんじゃないでしょうか?

そんな人に、ちょっと朗報です。なんと、科学者たちが新しい臓器を磁場に懸濁している貴金属微粒子を使って再生するという研究が進んでいるそうですよ!

ちょっと難しいんですけど、どうやら今までは、科学者たちが臓器を再生する時には二次元表面で行っていたため、セルの中で異常行動を起こすこしやすくなっていたそうですけど、それを三次元で組み立てることによって、問題を解決したとか。

セルに金属ジェルを注射することによって、研究者たちは、立体的な磁場で培養細胞をけん濁することに成功しました。この磁性の足場では、正しい形で、異物のない臓器を育てることができるんです。

とにかく、この技術の進化によって人工肝臓を含め、いろんな臓器を再生できちゃうってことですが、安心してお酒を沢山飲みすぎちゃうのはダメですよ~。まだまだ初期の研究ですから。

[Technology Review via Pop Sci]

- Rosa Golijan(原文/junjun )