72歳の俳優、インターネットで懐かしの青春時代を買い戻す(動画)

    

ある俳優が、インターネットを使って一つひとつアイテムを買い足しながら、若かりし頃に住んでいたマンハッタンのアパートのインテリアを再現しました。

しかも彼は72歳で初めてパソコンに触ったんです。これだけ聞くと、心温まる感じがしますよね。でも...スウェーデンの郵便業務Swedish Postal Serviceが、高齢者の人達にもインターネットショッピングに慣れ親しんでもらおう! と実施した企画だと聞いて、少し「なぁんだ...」って思ってしまいました。とはいえ、スウェーデンの俳優Bo Brundinさんがインターネットショッピングにチャレンジする姿は微笑ましく、嬉しそうな姿をみると、こちらもハッピーな気分になりますしね。それに、Swedish Postal Serviceはもうかり、高齢者の方たちは便利に楽しくお買い物ができてWin-Winだからアリなのかも。

ちなみに、Bo Brundinさんは40以上もの映画に出演している俳優さんなんですが、Boさんが再現している部屋は1960年代に、まだ若手アーティストとして苦労していた青春時代のお部屋なんです。James Deanのポスターから籐の椅子などなど、当時使っていたものに似ている42アイテムをインターネットで探して買いまくりました。所用期間は、たったの2ヶ月!いくつになっても、インターネットショッピングの方法ってマスターすることができるんですねー。

多くの人に勇気と希望をあたえるBoさんの体験動画はこんな感じでお話が進んでいっています。

 

「チャレンジ ~誰でもeコマースを学ぶことができるのか~」

「解答」

「ハリウッド俳優がOsthammarにある故郷の家にもどり、そこで彼の青春を買い戻そうとしています」

「Bo Brundiは、俳優を目指し下積み生活を送っていた60年代にアメリカのマンハッタンの部屋に住んでいました。72歳になったBo Brundiさんは、今、インターネットで類似したアイテムを買って昔住んでいた部屋を再現しようとしています。」

「籐椅子、パイプ、James Deanのポスター、帽子などなど全てを買い戻す予定です。」

「でも、このプロジェクトの背景には、Swedish Postal Serviceが・・・。」

「eコマースは利益の上がる将来のビジスです。そして、Swedish Postal Serviceは、高齢者の方たちにもっとインターネットでショッピングをしてもらいたいと考えているのです。」「Sedish Postal Serviceがお届けする物を買ってほしいんです。」

「Swedish Postal ServiceはBoをデジタル面、戦略的マーケティング、諸設備、Webサイトの立ち上げなどの面で助けています。」

「Webサイトは、高齢者向けというわけではなく若い人にも向けて作られています。」

「皆さんが、Boのサイトで彼をフォローすることができるし、コメントしたり、買い物のアドバイスなどをすることができるんです。」

「Q:Webサイトには、沢山の反響はあった?」

「A:おぉ!そうなんだよ。何百ものコメントがついたんだ。」

「Boは今までコンピューターを開いたこともありませんでした。でも、彼のWebサイトやブログを更新する方法を勉強しました。」

「僕が探していたのと同じじゃないけど、これはとってもいいでね~!」

「部屋がだんだんにインテリアで埋まってきました。」

「全国紙で取り上げられました。」

「キャンペーンは、計画していたほど長く続きませんでした。2か月で部屋が完成したので。」

「いつまでも若く」

[Forever Young]

-Kyle VanHemert(原文/junjun )