イングランド代表チーム、低酸素テント生活を選手に義務づける...

イングランド代表チーム、低酸素テント生活を選手に義務づける... 1

これくらいの本気度が岡田ジャパンにも必要かも...

サッカーワールドカップ(W杯)南アフリカ大会に全力を賭すイングランド代表チームの名将ファビオ・カペッロ監督が、徹底した高地トレーニングによる準備を正式に始めてますよ。どうやら試合会場の多くが海抜5000フィート(約1500m)の高地となるものの、かなりの代表選手が本国よりも酸素が薄くなる現地での試合に困難を覚えるとのテスト結果が出たことを受けて、その対策へ真剣に臨むことになったそうですね。

まずはイングランド南東部ハートフォードシャー州のトレーニング施設で、酸素量を減らすマスクを着用しながら厳しい自転車トレーニングを積んだり、1カ月ほどは低酸素テントでの寝泊まりを義務づけて、いまから対策には余念がありませんよ。早くも代表選手の間からは、これまでに経験したことのないような厳しい代表訓練合宿に不満の声も出始めてるようですが、絶対勝利にこだわるカペッロ監督は聞く耳を持たないんだとか。

このテント、かのベッカム選手も使って有名になりましたけど(追記:ベッカム選手が使用したのは高酸素カプセルです)、すでに今回のW杯に向けては他国の代表チームも採用し始めてるそうですよ。われらがニッポンの選手は使わないのかな?

[Daily Mail via PopSci]

Kyle VanHemert(原文/湯木進悟)

 

※ご指摘ありがとうございます、記事追記しました。