デヴィッド・ボウイは最先端!? カモフラージュメイクが来る

デヴィッド・ボウイは最先端!? カモフラージュメイクが来る 1

挑発的なメイクです。

もはやファッショナブルを通り過ぎて理解不能、だからといって笑ってはいけません。実はこれ、最近流行りしている顔認識機能を惑わすためのメイクなんです。顔認識機能はもはや完成の域に達していて、ほぼ回避不能なんですって。

Viola-Jones法とよばれるアルゴリズムは画像内の物体の相関関係を判定し、顔認識によく使われています。通常顔は両目の上に影があり、頬骨と鼻の頭が明るくなってます。アルゴリズムはこのような領域を見つけ、顔ではないかと推定するという仕組み。このやり方はだいたい有効で、顔が隠れている場合や斜めに映った場合に失敗するくらいです。

顔認識が非常に強力なので、カモフラージュメイクではあえてコントラストをつけて別の物体にみえるようにしてます。ニューヨーク大学の学生Adam Harveyさんは暗い色を目や頬骨のまわりにつけ、しかも非対称にするとうまく顔認識されないことを発見。ただこのメイク、21世紀の今日でもかなり奇抜に見えますね。

とにかくHerveyさんの試みで顔認識機能が万能ではないことだけは分かりました。ただデヴィッド・ボウイのメイクがこの時代を先取りしていたかは不明です。

The Register

Rosa Golijan(原文/野間恒毅)