自閉症のわが子のためにコミュニュケーションシステムを作った父親(動画)

ガジェットが自己表現を可能にしました。

重度の自閉症と学習障害の結果、11歳のCallum Lodge君は話すことができません。そんなCallum君が少しでも周りの世界とコミュニケーション出来るように、彼のお父さんはコミュニケーションシステム「Speaks4me」を開発しました。

上のビデオでもお分かりのように、Speaks4meはコミュニケーションが必要な時・何か考える必要がある時に、画像をタッチ操作で選ぶことでそれを簡単に伝えることができるようになっています。

仕組みこそ簡単ですが、このガジェットを使う事で、今まで彼が自己表現できなかった世界が大きく変わることでしょう

[Speaks4Me via BBC via Wired UK]

Rosa Golijan(原文/遠藤充)