レビュー:Xperiaの無限に繋がるエンターテイメントを体験してみた!

レビュー:Xperiaの無限に繋がるエンターテイメントを体験してみた! 1

名前から入ったクチです。

Xperia」という機種名がかっこよかったので、端末はどんなものなのか興味を持った僕ですが、実際に触ったり開発者の方にお話を聞いてみると、予想以上の出来でしたよ。

Xperia(SO-01B)」はドコモから4月1日に発売されたGoogle Android端末で、開発はソニー・エリクソン。「ドコモ スマートフォン えくすぺりあ〜」って今テレビCMでよく見かけることが多いですね。そういえば、実はソニエリ端末がドコモから発売されるのは約2年ぶりなんですって。久しくソニエリの名前を聞いていなかった気がします。

さて、このXperiaを使ってみた第一印象は、「上手くまとまってるなー」。というイメージ。

普段使いのケータイとしても、スマートフォンとしても使いこなせる万能さは、Android端末の自由度の高さからきているのでしょうね。その自由度の高さに一役買っているのが、ソニー・エリクソンのオリジナルアプリ「Mediascape」と「Timescape」です。

 

動画で見るMediascapeとTimescape

Mediascape」は音楽・写真・動画を直感的に操作することが出来るアプリケーションです。ただのメディアプレイヤーと思うことなかれ、メディアを再生する前のファイル情報では「ウェブ検索」ボタンが設置されているので、ここからさらにアーティストなどの関連情報へアクセスできる仕組み。ワンタッチで関連情報へ飛べるので、メディアを再生するだけで終わりじゃない、そこからの繋がりがあります。

Timescape」はTwitterやFacebook、mixiと連携し、1つのタイムラインとしてXperia上に表示させる機能。これにより情報を時列系にひとつに集約することが出来ます。もちろんそこから、後述する「インフィニットボタン」により、さらに関連する情報に飛ぶことが可能。

インフィニットボタンで無限に繋がる連携

レビュー:Xperiaの無限に繋がるエンターテイメントを体験してみた! 2

Xperia独自の機能として、インフィニットボタンが上げられます。たとえばメールを表示してるよきに、無限マークのインフィニットボタンをポチっと押してみると...、やり取りをしている人物の過去のやりとりを閲覧することが出来ます。

写真であれば、同じ日付の写真を一覧にしたり、音楽であればアーティストの関連する情報を教えてくれるんですね。この機能は単純にすごいです。これからモバイルでの模範になりそうな気がしてきます

ソニエリならではの日本語入力ソフトウェア「POBox Touch」

レビュー:Xperiaの無限に繋がるエンターテイメントを体験してみた! 3

ソニーエリクソンといえば、僕はジョグダイヤルとPOBoxだと思ってるんですけど、ジョグダイヤルは今回ひとまず置いておくとして...日本語入力システムのPOBox Touchは逸品です。個人的にiPhoneを使っているのでそれと比べてしまうんですが、変換の精度が抜群に優れているので、ちょっとメールやブログを書くときにストレスなく文字を入力できるんです。Androidには標準でスタンダードキーボードとAndroidキーボードが入力方法として選べますが、POBox Touchが断然オススメですね。

ソフトウェアはここらへんで、次はハードを見てみましょう。

液晶が繊細でキレイ!

Xperiaの液晶は4型の解像度480×854。使ってみて分かるのは、やっぱ液晶はでかいほうがいいってこと。一度に表示できる情報が多く目にできるのはやっぱありがたいですね。老眼が進んでるこの目ではちょっと文字が読みづらい場面もありましたけども...。

バッテリー消費は激しい

バッテリーは比較的大きめの1500mAhを搭載しているXperiaですが、けっこうあっという間になくなってしまいます

XperiaはAndroid端末なので、マルチタスクであれこれ触ってるうちに電池がなくなってしまうのではないかと思います。ヘビーユーザーであれば補助バッテリーは必須でしたよ。

最後にちょっとだけ本体の写真ギャラリーをどぞ。

20100414xperia220100414xperia320100414xperia420100414xperia520100414xperia620100414xperia7

今回、開発者の方がたにお話を聞いてみると、Xperiaのコンセプトの一つはコミュニケーション・エンターテイメントだと強く強調されたのが印象的でした。上記のようにXperiaはTimescape・Mediascape・インフィニットボタンによりウェブサービスや情報をシームレスにコントロールすることができます。Xperiaはまさに無限に繋がるエンターテイメント体験をもたらせてくれるんですね。

さらに、次期XperiaとしてXperia minimini PROが発表されています。miniのハードウェアキーボードや、mini PROの小型っぷりがは気になるなぁ。ガジェット好きは、これからもソニエリに期待して良さそうです。

(大野恭希)