9秒起動のウェブタブレット「JooJoo」4万4999円で日本発売決定!(さっそく触ってきました)

100521joojoo005-top.jpg

CrunchPadと呼ばれてたヤツですよ。

アメリカでは去年の12月から発売になっていた、Fusion Garageのタブレット「JooJoo」ですが、この度日本で発売されることが発表されました。特徴はウェブに特化されたOSというところ。このOSは、Fusion Garage独自のOSで、LinuxやWebkitを組み込んで作られたものだそう。

100521joojoo009.jpg

起動するとブラウザベースのOSが立ち上がるので、起動時間はたった9秒。起動時間も驚きですが、NVIDIA IONチップセットとAtom N270の組み合わせで、1080pのフルHD動画再生もスムーズに再生されますよ。Flashや、Javaにももちろん対応。

100521joojoo003-ceo.jpg

Fusion Garage CEOのラサクリシュナンさんは「iPadはFlashが再生できませんからね」と意気揚々とデモンストレーションしてくれました。

以下に続きます。

 

100521ipadhikaku.JPG

また液晶のデカさもポイントです。

今流通しているタブレットとしては一番大きい12.1インチを採用(※写真はiPadとの比較です)。解像度は1366×768を実現。

実際触ってみると、これだけ広い解像度なんですからインターネットだけじゃなく、いろいろなアプリを試してみたいものですが現状、ウェブアプリケーションのみの対応だそう。(要はブラウザで動くものということですね)

また、「joojoo」はブラウザのタブごとにプロセスを走らせるマルチタスクなので、タブの切替もスムーズ。ちなみに1GBメモリを搭載しています。

100521joojoo001.jpg

内蔵バッテリーで、5時間の駆動時間を実現(Wi-Fi使用時)。うしろはこんな感じにすっきりとしています。触ってみた感じでは、MacBook Airの裏側のようでした。

100521joojoo013.jpg

インターフェイスはUSBポートに電源ボタンのみ。すべての操作は指先で、入力はソフトウェアキーボードを使います。「joojoo」はリビングで手軽にインターネットを閲覧するという目的で作られているので、このキーボートは片手操作用と、フルキーボード用をスタイルに応じて選ぶことができます。

100521joojoo007.jpg

日本では6月1日以降オンラインストアで販売していく予定だそう。現在あるのはWi-Fiモデルのみですが、3Gモデルの発売予定があるそう(日本でも!)ですので、iPadだけじゃなくてこのjoojooにも期待していきたいですね。

【参考記事】

Fusion Garageのタブレット「JooJoo」(元CrunchPad)ハンズオン(動画あり)

ブログ生まれのウェブタブレット「CrunchPad」300ドル未満で近日発売(動画あり)

仕様

・12.1インチ(対角)ワイドスクリーン・ディスプレイ

・マルチタッチ対応の静電容量方式ディスプレイ

・解像度:1366×768

・1080pのサポートを含むビデオ

・USBポート×1

・Wi-Fi

・Bluetooth 2.1 + EDR無線テクノロジー

・4GB SSD

・1GB RAM

・Intel Atomプロセッサ・NVIDIA IONグラフィックチップ

・1.3メガピクセルカメラ

・周囲明るさセンサー

・プラウジングベースのOS

・Flash 10.1、Java準拠

・内蔵充電式リチウムポリマーバッテリー

・内蔵スピーカー

・マイク

・3.5mmヘッドホンジャック

[joojoo]

(遠藤充)