AdobeがAppleをハグ攻め

AdobeがAppleをハグ攻め 1

一級のPR戦は振付けの妙を競うダンスにも似て、

スリリングなもの。

それにしても今朝はビックリこきましたねー。アドビが全米主要紙に「WE LOVE APPLE」の全面広告。訳者もコーヒー吹きそうになりましたよ...はい。

アドビとFlashをボロクソに叩くAppleスティーブ・ジョブズCEOが阿修羅なら、Adobe共同創業者のふたりは愛のハグで絞め殺しの帝釈天。どっちもただならぬ妖気、霊気が漂ってますね。本社はお互い15kmしか離れてないのに!

100513_adobenewnew

LAタイムズの全面広告(全体図はSJマーキュリーで)

 

(訳)

アップルが好き

クリエイティビティが好き

アプリが好き

ウェブが好き

Flashが好き

開発者が好き

健全な競争が好き

タッチが好き

オープンスクリーンプロジェクトの仲間が好き

HMTL5が好き

コードは1回書くだけが好き

全デバイスが好き

全プラットフォームが好き

好きになれないのは奪う人

何をどう作るか選ぶ自由をあなたから奪い

Web体験を奪う人

ジョブズがFlashのダメダメな理由を6か条にまとめれば、アドビ共同創業者のチャールズ・ゲシキ(Chuck Geschke)氏とジョン・ワーノック(John Warnock)氏はセピアな笑顔の写真を載っけた公開書簡で応戦です。

えびす顔とハグの奇襲で相手に心臓まひを起こした上で、「信じる」、「自由」を連呼しながら大統領選演説のごとく理想を熱く説き、アップルを、アドビだけでなく「ワールド」ワイドウェブ全体の理想に抗うものとして描いていますよ。

全文読む時間のない方は、双方の原稿の頻出ワードが一望できるWordleのクラウドで見る方が早いかも。

まずはこちら、ジョブズCEOのFlashプラットフォーム攻撃の図。

 

100513_applecloud

そしてこちらが、アドビの反論「Believe In Innovation」の図。

100513_adobecloud

あ~、ヒッピーだった自由人のスティーブはいずこ。

昔はあんなにお互いを認め合い、高め合える仲だったのに。

[Adobe via Engadget] 

UPDATE: 「選択の自由」キャンペーン日本語版ページ

Mark Wilson(原文/satomi)