個人情報を守る会社のCEO今まで個人情報被害にあったのは13回

個人情報を守る会社のCEO今まで個人情報被害にあったのは13回 1

にっこりスマイルの彼がCEOのTodd Davis氏。

個人情報漏洩や悪用によって貴方に危害がおよばないようにしっかり守ってくれるサービスを行っている会社LifeLock。そのCEO Davis氏は自社のサービスに自信満々。自らビルボードや地下鉄での広告に自分の顔写真と社会保障番号をのっけて安全性をアピールしました。

その結果、Todd Davis氏なりすまし詐欺がなんと2007年から13回もおこっているそうな。あちらでは数万円の借金を残し、こちらでは携帯の支払いを滞り、クレジットカードは数十万円分マイナスに。全てDavisなりすましたちの仕業だそうです。

そんなさんざんなLifeLock、連邦取引委員会(FTC)の調査で1200万件の苦情が消費者からよせられていることがわかりました。Davis氏、CEO自ら自社の良さをアピールするどころか墓穴を掘る格好に。さんざんですね。

アピールといえど、自分の情報を自らばらまいちゃダメってことですね。

[Phoenix New Times via Wired]

Kyle VanHemert(原文/そうこ)