どうするブルーレイ。東大、DVDのデータ量を1000倍にする新物質発見

2010.05.25 23:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

100524blu-ray_tokyo_univ.jpg


ブルーレイの約200倍! オーマイガー!

東京大学大学院の大越慎一化学教授の研究グループが、DVDの容量を一気に1000倍増やせる驚異の物質を見つけておしまいになりました。

その新物質の名は「ラムダ型酸化チタン」。これを塗ったDVDは光を当てると電気を伝導し(オン)、光から遠ざけると黒い金属に戻る(オフ)んです。不思議なこともあるもんですねぇ。

この物質は、光を当てると、金属的な性質をもつ黒色のラムダ型から半導体的な性質をもつ茶色のベータ型(β-Ti3O5)への光相転移(光誘起金属-半導体転移)を示す。また、その逆の相転移も光照射により可能であることが分かった。室温で光可逆的に相転移を示す金属酸化物は、この物質が世界で初めてである。ラムダ型酸化チタンは、チタン原子と酸素原子のみからなる単純な物質で、レアメタルなどを含まないため、非常に安価で環境に優しい物質である。また、粒径が10~20ナノメートル程度の微粒子で得られるため、次世代の超高密度光記録材料としても有望である( プレスリリースより)

24日英科学専門誌「Nature Chemistry」で成果を発表したばかりなので、市場化はまだ先でしょう。少なくとも先月ブルーレイディスクアソシエーション(BDA)が発表した128GBの新規格専用機器買わなきゃ使えないのが難点)より先に出ることはなさそうです。

今のブルーレイはシングルレイヤー(1層)が25GB、ダブルレイヤー(2層)が50GB、DVDはシングルレイヤー4.7GB、ダブルレイヤー8.5GB...とまあ大体5倍の開きがあります。それが一挙に1000倍ですからねー。

毎年大勢の人がBD再生プレーヤー買ってますけど、DVDプレーヤーの人もまだ沢山いるわけで、こ~れは目が離せませんね。(UPDATE:新素材の次世代ディスクもどっちみち専用機器は必要みたいです)


[PhysOrg]

Kat Hannaford(原文/satomi)
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
B001FOPW0I
SONY 日本製 ビデオ用BD-R 追記型 片面1層25GB 4倍速 プリンタブル 20枚P 20BNR1VBPS4



B001ET6BCW
TDK データ用 DVD-R 1-16倍速対応 ホワイトワイドプリンタブル 50枚 スピンドル DR47PWC50PU



・関連メディア