Googleを使った、最高に賢い就職活動(動画)

Alec Brownsteinはどうしても広告関係の仕事がしたかったのですが、特にコネも実績もなく。

そこで彼がとった方法は...ニューヨークの超大物広告関係者が自分の名前でエゴサーチしたときに、Google Adwordsを使って、直接Alecがその大物に自己アピールする広告を出したんです。

結果は...たった6ドルしか使わないで、ほぼ全員と面談、見事大手広告代理店にすることができました。こりゃ頭いいや。

Kyle VanHemert(いちる)