iPadで外付けハードドライブが使えた!カメラコネクションキットで(動画)

2010.05.11 23:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


iPadカメラコネクションキットには、「カメラ」だけでなくキーボードやオーディオも接続できる、ことはこちらでお伝えした通り。でも、さらに外付けハードドライブも使えたんです!

上の動画は、マクスウェル・シェイさんによるもの。iPadで外付けハードドライブを使う方法を紹介してくれています。ただし、このためにはjailbreakが必要になります。iPadのjailbreak方法はこちらでご覧下さい。

以降の詳しい手順は続きでどうぞ!

jailbreakできたら、CydiaからiFileNanoエディタをダウンロードします。ただ、NanoをダウンロードするにはCydiaのソースにapt.saurik.comを加えておく必要がありそうだ、とシェイさんは伝えています。また、OpenSSHも必要です。それから、ハードドライブは事前にHFSかFAT32でフォーマットしておく必要があり(フォーマットするとデータが消えるので注意)、また、ハードドライブの電源はiPad以外のところから取る必要があります。ここまでは作業としては簡単にできると思います。

ちょっと難しいのは、SSHとPLISTファイルの編集です。マックスさんが、ステップバイステップのチュートリアルを作ってくれました。この中でマックスさんはファイルビューアーの例としてGoodReaderをiPadにインストールしています。


1. iPadの「Settings」を開いてIPアドレスを確認する。

2. Macでターミナルを開く(/Applications/Utilities/Terminal.app)。

3. コマンドプロンプトから以下を入力して、iPadにSSHでアクセスする。この前にOpenSSHがインストールされている必要がある。

ssh root@[iPadのIPアドレス]

SSHの初期パスワードは「alpine」。ただし、パスワードはなるはやで変更しておく。コマンドプロンプトから

passwd root

と入力すると新しいパスワードを聞かれる。同様に「mobile」ユーザーの方もパスワード変更。これには

passwd mobile

と入力し、新しいパスワードを入力する。

4.ターミナルで以下を入力する。

mkdir /Volumes
mkdir /Volumes/EXT
ln -s /Volumes/EXT /var/mobile/EXT
nano /var/stash/Applications.xxxxxx/iFile.app/Info.plist
(「xxxxxx」はApplicationsの次にある数字列で、「/var/stash/Applications」まで入力したあとTabキーを押すと自動的に数字が埋まるはず)

5. Nanoエディタが開くので、以下を最初の「<dict>」のあとに入力する。これでiFileがiPad上でもっと見やすくなる。

<key>UIDeviceFamily</key>
<array>
<integer>1</integer>
<integer>2</integer>
</array>

6. 「Ctrl+x」、「Y」、Enterの順に押す。これで変更を保存できる。

7. iPadを再起動する。SSH接続がいったん閉じる。iPadが再起動できたらターミナルを再度開き、再度上の1.~3.を行う。

8. iFileを開いて設定を開く。このページの中盤、ステップ8.の画像にある設定がおすすめ。「Application Names」を有効にするのがポイント。設定を保存し、ホームボタンを押してiFileを閉じ、iFileを再起動する。

9. iFileで「/Volumes/」に行き、右上の「Edit」ボタンを押す。

10. 上のステップ4.で作った「EXT」フォルダにチェックを入れる。

11. 右下の「Box with an arrow」をクリックする。ダイアログボックスが開くので、「Copy/Link」を選択。

12. iFileで「var/mobile/Applications/」に移動。アプリケーション名がフォルダの形で見える。「GoodReader」フォルダに行き、「Documents」フォルダに移動。

13. 「Edit」ボタンを押して、「Box with an arrow」をクリックする。「Create Link」ボタンを押す。これで「EXT」フォルダが見えるはず。右上の「Done」を押す。

14. iPadカメラコネクションキットを接続!

15. まずハードドライブのセカンダリーポートを電源に入れ、次にUSBポートをiPadにつなぐ(この順序でないと認識されない)。iPadに「Insufficient power to mount this drive」のようなエラーメッセージが出る。

16. ターミナルに戻り、以下をタイプ。

ls /dev

表示された中で、「disk1s1」というファイルを探す。もし出てこない場合、15.~16.を繰り返す。出てきたら17.へ。

17. FAT32フォーマットのドライブの場合、以下をターミナルに入力。

mount -t msdos /dev/disk1s1 /Volumes/EXT

数秒後にコマンドプロンプトに戻る。

HFSフォーマットのドライブの場合、以下をターミナルに入力。

mount -t HFS /dev/disk1s1 /Volumes/EXT

18. これでOK!ファイルには、iFileでもGoodReaderでもアクセスが可能。(ファイル操作の模様は最初の動画でどうぞ)

19. ドライブのマウントを解除するには、以下をターミナルから入力。

umount /dev/disk1s1

20. 以上です!

念のため原文はこちら(英語)です。手順が多くややこしいので、慎重にやってみてください。

外付けハードドライブを使うのは、裏技でなくても可能になってほしいものですが、とにかくこの手順で可能になります。

ただ、jailbreakに慣れていない人は、とりあえずすぐに手をつけないで、待ちがオススメです。もっと王道な方法が、数週以内にはCydiaから拡張とかユーティリティという形で入手可能になると思われます。そうなれば、少ない手順で同じことができるようになって、いろいろなトラブルも回避できることが期待できます。


[Time-More via Wired]

Brian Barrett(原文/miho)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
B002C7481G
【並行輸入】ipad 16GB



・関連メディア