iPadでも使えるよ! どこでもiPhoneへ挿すだけでクレジット決済可能な「Square」徹底解説(動画あり)

おサイフケータイじゃないねなんて笑われなくなります...

その専用カードリーダーのデザインには賛否両論あるようですけど、昨年末から一部の登録ユーザー限定でスタートしていたベータサービスが終了し、いよいよiPhoneなどのヘッドフォン端子に挿し込むだけで簡単利用可能なクレジットカード決済サービス「Square」が正式に提供開始となりましたよ。

ちょっとまだ現時点では日本では使えないというのが残念なんですけど、これってなかなか便利そうですね。さすがは話題のTwitterの生みの親が立ち上げただけのことはあります。もしやiPhoneやiPadがショッピングシーンにも欠かせないクールな存在になるかも!

そもそも最初はTwitterだって、ここまで爆発的に世界で大流行するとは皆から思われていなかったことでしょう。その急成長の仕掛け人が手がけただけに、やや静かなスタートであったとはいえ、今後の大ヒットも期待できそうなSquareは要注目でしょうね。

えっ、Squareって何ですか? どこがそんなにスゴイのか分かりませんけどね~。まだそんな認識のあなた、ではぜひまずは続きから革新的アイディアの全容をご覧くださいませ。

 

100515square1.jpg

米国ではApp Storeに登場して、いよいよ本格サービスインとなったSquareですけど、ただ単にiPhoneやiPod touchで使えるってだけではありませんよ。リリースまもないiPadに向けては、まるでクールなiBooksの本棚みたいなインターフェースで、ショップ側が自由に販売したい商品メニューなどを陳列できるデザイン機能が提供されてますね。自分のiPhoneをレジでかざしてSquareを用いるのみならず、お店のレジがiPadになって、その画面で商品を注文しつつ、Squareでの支払いにクレジットカードを渡すなんて利用シーンだって、これからは続々と増えていきそうです。

別にアップルびいきというわけでもなくて、とにかくターゲットにされているのは、もうあらゆるケータイ端末でSquareによる便利なクレジットカード決済が利用できるユニバーサル環境です。だから、すでにアップルに対抗するAndroid陣営にだって、ちゃっかりとSquareは対応済みですよ。Droidで利用可能なことが確認されてますし、今後も対応機種を大幅に拡大していく方針がアナウンスされております。

街にはショップでもタクシーでも「Pay with Square」のロゴサインがあふれて、ほぼどこでもだれでもSquareを利用可能にすることが真の狙いなんだとか。そう思うと、このヘッドフォン端子から突き出しちゃう、なんとも不格好なカードリーダーデザインも、独特のインパクトがあっていいのかもね。

100515square2.jpg

ただなんとかクレジット払いできますって出来栄えでもありませんからね。Squareが目指すのは、もうこれじゃなきゃショッピングは嫌だねと強力に感じさせるほどの利便性ですよ。例えば、こんな感じで電子的にレシートが発行され、お買い物エリアがジオタグマップで一目瞭然となっているほか、さりげなくリピーター回数なんかも表示されちゃうため、各ショップごとにポイントカードを発行してもらって、財布がパンパンに膨れ上がるまで持ち歩くなんてイケてないライフスタイルとはおさらばできちゃいますよ。

おまけに太っ腹なのは、例えば、iPhoneやiPadのユーザーが利用を開始したいと思ったら、App Storeで無料登録購入するだけで、カードリーダーは後から送料無料で届きますし、契約金も登録審査料も年会費も月額最低利用料金などの条件も一切ありません。決済手数料のみで、だれでも手軽に利用できるようにして、とにかくできるだけ大勢の人々に使ってもらうビジネス戦略が、さすがはTwitter発のアイディアという感じがしますね。

100515square3.jpg

きっとクレジットカードを利用する時に最も気になるのはセキュリティーでしょう。ちょっと前もお買い物情報共有サービスの「Blippy」が大変なポカをやらかして、グーグルの検索結果でユーザーのクレジットカード番号が丸見えなんて最悪の流出事件が起きちゃいましたからね。

よくは仕組みも分からないけど、ヘッドフォン端子なんかにカードリーダーを挿しまくって、ドンドコいろんな場所で決済情報を音声端子のマイク入力回路などで送っちゃっても本当に大丈夫なの? 当然ながら、そんな疑問がSquareに対して生じてきますよね。

でも、どうぞご安心あれ。もしかすると、普通にクレジットカードを使うよりも安全だったりするかもしれません。現在、Squareでは、Visa、MasterCard、American Expressといったメジャーなクレジットカードのほか、デビットカードなんかにも対応してますけど、セキュリティーのスタンダードに定められている「PCI Level 1」と「PA-DSS」にダブル準拠しているほか、支払い時には必ずユーザーの顔写真がポップアップするように設定して、本当に別の人物に悪用されたりしてないかを毎回スピードチェックできるようになってもいますよ。やりますねぇ!

最後になりましたが、Twitterの創設に深く関わってから、現在はSquareの最高経営責任者(CEO)となっているジャック・ドーシー氏が、こんな気になる発言もしています。

「Squareを最初に立ち上げたのは2009年2月の話でしたが、もっと当時は早期の正式サービスインを目指していました。ショッピングなどでの支払い手続きなんて、極めてシンプルでスムーズになされるものだと思ってたんです。

でも、実際には、いろんな複雑で面倒な手続きが経られていることを、さまざまな障害にぶつかりながら理解することになりました。とはいえ、最初にSquareが目指していた、シンプルスマート決済の実現という理念は、まったく今でも変わっていません。

新たに今回スタートした正式サービスは、まだ最初の一歩でしかないと考えています。今後も数多くの貴重な経験を積み重ねながら、どんどんとSquareは進化していきます! そして、その様子はTwitterの公式アカウントで常にアップデート報告されていきますので、ぜひ皆さまもドシドシとフィードバックを寄せて、Squareを応援していってくださいませ」

さすがはやっぱり創設時の思い入れなんかもあるでしょうから、TwitterとSquareのリンクなんかも面白そうですよね。ぜひ次は日本でもサービス展開していってほしいものです...

[Square]

matt buchanan(原文/湯木進悟)