夢が叶った! ついにPlayboyは3Dに!

夢が叶った! ついにPlayboyは3Dに! 1

先に言っときますが、米国の話です。

Playboyの発刊者であるヒュー・ヘフナー氏が50年代にPlayboyを創刊した時、実は2人の美女ヌードをなんと3Dで撮影したそうです。ただアナグリフ3Dメガネ(赤青のメガネ)をセットでつけた雑誌の価格があまりに高額になるため断念しました。

今回そんなヘフナー氏の夢がついに叶うんだぜ!

今週発売の米国Playboyの6月号に登場する中おりHope Dworaczykさんのグラビアが3Dに! 付属のメガネが昔ながらの赤青メガネなとこも「夢が叶った!」って感じでいいです。

ヘフナー氏は昨今の3D映画はそんなに好きじゃないそうですが、アバターの3DブームがPlayboyにも飛び火したのに対しては「3Dでみんな何を見たいと思う? そりゃたぶん、裸のレディーでしょう。」だって。きっとその通りです。

[MSNBC]

Mark Wilson(原文/そうこ)