ナチスドイツの科学力は世界一ィィィィ! なジェットパック兵士

2010.05.05 15:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

100427_nazi-jetpack2.jpg


ザクじゃないですよ、歩兵ですよ。

ナチス兵よりも恐ろしいもの、それはジェットパック装備のナチス兵とハムスターが操縦するナチスUFO。この大きな違いはUFOは存在しなかったものの、ナチスジェットパック兵は存在したんです、Himmelstürmerという名前で。

Himmelstürmer(Skystormer、空の嵐)はFieseler Fi 103巡航ミサイルと同じパルスジェットエンジンを装備。Fieseler Fi 103は悪名高い V-1ミサイルとしてRAFのパイロットが迎撃するまでイギリスを恐怖のどん底に陥れました。その後ナチスドイツは世界初の大陸間弾道弾であるV2ロケットを開発。後にサターンVロケットを開発したヴェルナー・フォン・ブラウン博士によるものです。


100427-v1-20040830.jpg


Himmelstürmerの目的はただひとつ。ナチス兵を鉄条網や地雷、自然の要害で守られた敵の防衛線へひとっとびさせること。装備は2つから成り、ひとつは後ろに装備したメインパルスエンジンで主に上昇と前進。もうひとつは前に装備するサブのパルスエンジンで、こちらは上昇のみ。

後ろのエンジンの出力を制御してジャンプの大きさを調整します。燃費は非常によく、高熱にならないので専用の耐熱服も不要です。というのも長時間ジャンプすることはなく、飛距離は180フィート(約60m)、高度は50フィート(約17m)ほど。幸運なことにこれが実用化されたのは大戦末期のこと。

実際の写真は残っておらず、こちらは再現写真です。ベルアエロシステムズがこの装備を入手しましたが、当時はジャンプ用装備ではなくスーパーマン兵士を作るものだと考えられたようです。この装備は未完成で実用に耐えるものではなく、数年で廃棄されました。


DRB and Wikipedia

Jesus Diaz(原文/野間恒毅)
 
※御指摘ありがとうございます、記事修正しました。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
4861461812
萌え萌えナチス読本 (単行本(ソフトカバー))