見たことのない世界をカラーで

見たことのない世界をカラーで 1

産まれる前の世界ですから。

1909年、今から約100年も前、フランスのとある裕福な銀行家Albert Kahn氏は地球上の人々の生活を写真で記録しようとチームを結成しました。Kahn氏のチームはカラー写真の原点であるオートクローム写真7万2千枚も撮影。撮影した国は50カ国以上。現存する最も大きな初期カラー写真のコレクションだと言えます。

最近になって「Albert Kahnの素晴らしき世界(The Wonderful World of Albert Kahn)」と題してKahn氏自身と彼の壮大なプロジェクトについてBBCが9回シリーズで放送しています。

Kahn氏が写真に興味を持ったきっかけは日本への旅行だそうです。それから Kahn氏は世界のあらゆる所へと彼のチームをオートクロームカメラ(簡単にカラー写真がとれる初のカメラ)と共に送り込んでいったのです。日本人としてはうれしいですね、日本という世界を見たことによって、誰かが世界の人々の生活を記録に残したいと思ったなんてね!

7万2000枚の写真に加えて、22年間にもわたるプロジェクトの間にチームは100時間以上の動画も撮影しました。Kahn氏は最終的には会社が倒産し、かなりの鬱状態に陥ってしまったそうですが、彼のプロジェクトは美しい色と共に20世紀初頭の人々の生活をずっと伝えていくことになるのですね。

もっとたくさんのイメージがこちらで、さらにもっとみたい方はBBCが出しているがありますよ。

20100507albertkahn120100507albertkahn220100507albertkahn320100507albertkahn420100507albertkahn520100507albertkahn620100507albertkahn720100507albertkahn8

参考:オートクローム(wikipedia)

[Constant Siege via Kottke]

Kyle VanHemert(原文/そうこ)