ソニー、弱腰のグーグルを叱咤してアップルに宣戦布告!

ソニー、弱腰のグーグルを叱咤してアップルに宣戦布告! 1

アップル撃破以外は眼中になし!

サンフランシスコで先週開催された「Google I/O 2010」での基調講演にて、ソニーのハワード・ストリンガーCEOが、ちょっと気になる発言をしていたので、改めてピックアップです。

まずは我らが日本市場におきまして、NTTドコモからソニーエリクソンの発売した「Xperia」がスマートフォン販売シェアで初めてアップルの「iPhone」を打ち負かしたことに触れ、ようやくアップルを圧倒して市場を支配する力が得られたぜって上機嫌。よっぽどうれしかったんでしょうかね。

XperiaにはAndroidがOSに搭載されていますけど、当のグーグルのエリック・シュミットCEOは、そう手放しに喜ぶ気もないようで、いやいや、Androidはアップルを打ち負かして市場を支配しようなどと思ってないんだと軽く相づちを打ったところ、語気を荒げてストリンガー卿が断言しちゃいましたよ。

「アップルさえ倒せば勝てる。今度こそ市場を支配してみせる」

あわわ、ソニーは変わるとの宣言のもと、グーグルと手を組みつつ、本気でアップルに打ち勝つことこそが最大の目標であるとの明確なメッセージを発表してきました。まぁ、いまやグーグルと組するものは自然とアップルとは敵する関係に入るんですけどね...

Kyle VanHemert(原文/湯木進悟)