全方位戦略! BMWの次世代テクノロジー #bmw

全方位戦略! BMWの次世代テクノロジー #bmw 1

ハイブリッド電気水素

次世代エンジンをめぐって激しさを増す自動車業界。「BMW Group Mobility of hte Future - Innovation Days in Japan 2010」で発表されたBMWの次世代戦略は全方位といっていいもの。ガソリンエンジンの効率化、ガソリンエンジンに電気モーターの組み合わせによるハイブリッド、電気モーターのみで駆動する電気自動車、そして水素を燃料とする燃料電池車。ありとあらゆる技術を投入することを宣言しました。

詳しくは続きを読むからどうぞ。

 

全方位戦略! BMWの次世代テクノロジー #bmw 2

今回発表、発売されるActiveHybridは7シリーズとX6シリーズ、どちらも大型で高級車。

全方位戦略! BMWの次世代テクノロジー #bmw 3

ハイブリッドは通常のエンジンに加え、駆動用モーター、発電用モーター、バッテリー、インバーターなどを余計に積むために機構的にも複雑、かつスペースも食い重量も重くなります。また同時にコストの問題もあり、小型車よりも大型車、高級車の方が導入しやすいと言われています。

全方位戦略! BMWの次世代テクノロジー #bmw 4

ハイブリッドにしにくい小型車のセグメントは電気自動車が盛んになってきています。BMWはMINI Eで実証実験を行い、1シリーズを電気自動車 Active Eとして2011年リリース。さらにまったくの新規開発による電気自動車、メガシティビークルを2013年頃にリリース予定です。

全方位戦略! BMWの次世代テクノロジー #bmw 5

もちろんBMWはエンジンの技術開発を止めていません。ダイレクトインジェクション(直噴)やターボ、バルブトロニックなどにより燃焼の高効率化も行っています。ダブルクラッチトランスミッションによる駆動ロスのない走りなども。ただこの効率化も限界があります。

そこでBMWではヨーロッパで求められているCO2排出ガス低減燃費向上の要望を実現するためにありとあらゆる戦略をとる決意をしたのです。ここがまさにまじめなドイツ人気質、職人気質がでているといってよいでしょう。

BMWの90年の歴史をひもとけば元は航空機・船舶のエンジンメーカー。内燃機関をルーツとするメーカーが今後の90年をサステナブルにするためにエンジンにとらわれず、大きな一歩を踏みだしました。

今後の展開が楽しみですね。2011年の東京でのMINI Eの実証実験、Active E、メガシティビークルの登場に期待です。

BMW Group Mobilitof the Future

(野間恒毅)