マイクロソフトのバルマーCEO、iPadもChromeも敵でないとメッタ斬り!

マイクロソフトのバルマーCEO、iPadもChromeも敵でないとメッタ斬り! 1

最後に勝つのはWindowsなのさ!

いやいや、いつも強気の発言で、ライバルの存在なんて認めることすら許さない、元気いっぱいのマイクロソフトのスティーブ・バルマーCEOですが、相変わらず健在のようですね。このほど開催されたD: All Things Digital(D8)カンファレンスにおきまして、何かと世間を賑わしているiPadについて尋ねられた時、ステージ上で堂々と敵でもない宣言をしちゃいましたよ。

「あのiPadっていうのは、いったい何だろうかね? 何か目新しいカテゴリーをアップルが創造したとでも言いたいのかな? そんなことは絶対にないね。PCに近づこうと必死になって考え出された代物に過ぎないのさ。そして、最近の新しいPCは、どんどんとiPadみたいになってきている。やっとアップルが競争のスタートラインに立てただけさ」

おぉ、あくまでも上から目線ですよね~。そんなこと言ってると、また後で後悔することになっちゃいますよ。

「それから、このところOSなんか出そうと張り切ってるグーグルだけど、AndroidとChrome OSの二刀流で行く意味が分からんね。二兎を追う者、一兎をも得ずだよ。まったくもって理解できん。あんなのでWindowsに太刀打ちできるとは思えんよ」

どんどんとエンジンがかかってきちゃったようですね。ただ、このところ、こうやってバルマーさんがこき下ろした製品サービスほど、1年後に見事に市場で成功を収めてしまうという不思議なジンクスもあったりしますから、なんとなく今回も同じことになりそうな予感も...

John Herrman(原文/湯木進悟)