F-22、F-35の強敵現る! ロシアの最新鋭ステルス戦闘機(動画あり)

ついにロシアがF-22ロックオンです。

F-22や開発中のF-35でアメリカが先行している第5世代戦闘機ですが、ロシアもついにスホーイPAK-FAで追いついてきましたよ。

詳しくは続きを読むからどうぞ。

 これまでソビエトからロシアに至るまで、世界の戦闘機業界をリード。特にMig-29 ファルクラムSu-27 フランカーは未だに世界の第一線に配備されています。とはいえさすがに時代遅れ。このスホーイPAK-FAはこれらの後継機で、F-22 ラプター、2013年から配備されるF-35 ライトニング2の強敵になりそう。

開発の歴史を振り返ると、1980年代にさかのぼります。スホーイ Su-47 Berkutは逆進翼、ミコヤンプロジェクト1.44ではデルタ翼が試されていますが、PAK-FAはさらに進み最新のアビオニクスウェポンシステムなど第5世代戦闘機で必要な機能をすべて盛り込んでいます。

F-22、F-35の強敵現る! ロシアの最新鋭ステルス戦闘機(動画あり) 1

スホーイ Su-47 Berkut

F-22、F-35の強敵現る! ロシアの最新鋭ステルス戦闘機(動画あり) 2

ミコヤンプロジェクト1.44

PAK-FAはステルス性を確保しつつ高い巡航性能をもち、アフターバーナーを焚かなくても超音速が出せます。またコンポジット材を使うことで軽量化、垂直尾翼全体を動かし運動性能をアップ。その結果旋回Gは11Gにも達し、最高速度はマッハ2.45、高度4万5000フィートまで秒速1184フィートで上昇可能です。

F-22、F-35の強敵現る! ロシアの最新鋭ステルス戦闘機(動画あり) 3

搭載されるコンピュータはAI(人工知能)が採用されパイロットを補佐しますが、さすがにまだコンピュータが空中戦をするには至っていません。アメリカの第5世代戦闘機と同様、他の戦闘機とネットワークされ、位置、武器、ターゲットの情報をリアルタイムで共有します。さらにIRST 光学、赤外線探知システムを導入し、F-22の熱航跡を25km遠方から捉え追尾することが可能。このシステムはF-22にはないので、かなり脅威ですね。

The Dew Line

Jesus Diaz(原文/野間恒毅)