ネタフルモード:iPadでライフスタイルが変わる!

ネタフルモード:iPadでライフスタイルが変わる! 1

こんにちはこんばんは、コグレ@ネタフルです!

44回目となる2009年4月分からのピックアップしたネタでコラムをガツンと一本。チョイスしたネタは「iPad」です!

iPhone 4」が発表されたタイミングではあるのですが、利用シーンはまた別ということで「iPad」のこともきちんと書いておきたいと思います。

ネタフルモード:iPadでライフスタイルが変わる! 2

ぼくが入手したのは、Wi-Fi版の「iPad」で16GBモデルです。これを選んだのは、

・そもそもiPhoneも16GBで間に合っている

・Wi-Fiルータを使っている

・外出先ではiPhoneだろう

という理由からでした。結果的に、この選択は正解だったと思います。「iPad」自体は持ち運びがしやすいサイズですが、かといって出先で頻繁にとり出すようなものではありません。

逆に3Gモデルであれば電車内などで気軽に取り出してネットサーフィンもできるのでしょうが、iPhoneがあればそれで事足りてしまうことも多い、と感じています。

しかし、ライフスタイルは劇的に変わりました

 

ネタフルモード:iPadでライフスタイルが変わる! 3

何が大きく変わったかというと、やはり自宅での作業スタイルです。まず、自宅でMacBookを開くことがほとんど無くなりました。ウェブを見る、メールを読む、ツイッターでつぶやくといった、基本的な作業は「iPad」で十分です

どこで不足を感じるかというと、ブログを書くという点なのですが、これは自宅でもゴリゴリ作業をするかというとそうでもないので、普通の作業に関していえば、もう自宅では「iPad」で十分ということになります。

ネタフルモード:iPadでライフスタイルが変わる! 4

とにかく「見る」ということに関しては、本当に「iPad」は秀逸です。PDFを読むための「i文庫HD」には感動させられましたし、習慣としてはほとんどなくなっていた新聞を読むという行為も「産経新聞」によって復活した感じです。

あまりにも気持ちよく読めるので、Mac/iPhone/iPadでシームレスに「後で読む」を実現するために「Instapaper」というサービスを導入してみました。これも「iPad」があったから、に他なりません。

このように「読む」ということに関しては秀逸なのですが、あえて「iPad」の今のところの弱点を探すとすれば「書く」ということなのかな、と思います。

ソフトウェアキーボードに「かなキー」がないのが個人的には残念なのですが、それでなくとも長文を入力するのは厳しいと言わざるを得ません。本体に傾斜をつけても首は下を向くので、ある程度で首が痛くなってきます。文字が入力しやすい角度と、読みやすい感度は別なのだな、と実感しています。

かといってDockを持ち歩いて、必要に応じてBluetoothキーボードを取り出すというのも、なんだかちょっと違うのかな、という気がしています。ただ、この点に関してはいずれ、何か良いソリューションが出てくるような気もしているので、それほど心配はしていません。

何より「ブログをゴリゴリと書く」こと以外は、自分のライフスタイルでは「iPad」で十分だった、というのが驚きです。「iOS 4」でマルチタスクになると、どんなことが起こるのか楽しみです。

(コグレマサト)

【関連リンク】

「iPad」開封の儀と雑感

「iPad」はやはり唯一無二の魔法のデバイスだ!

iPad用電子書籍アプリ「i文庫HD」が凄すぎて笑える

「GoodReader」と「DropBox」と「i文庫HD」の連携が超便利そう[iPad]

ウェブを保存して後で読む「Instapaper」のある快適生活の始め方(PC/iPhone/iPad連携)

ネタフル的インストールしておきたい「iPad」アプリ