【iPhone 4レビュー】iPhone 4で進化したカメラアプリの使い方

【iPhone 4レビュー】iPhone 4で進化したカメラアプリの使い方 1

iPhone4で進化したカメラアプリの使い方

自分撮りも1タップで切り替えです。

500万画素のメインカメラと、VGA品質のフロントカメラを駆使できるアップル純正で初期インストールされているカメラアプリ。iPhone4用カメラアプリの基準値となりそうなこのアプリの使いかたを覚えましょう。

●カメラ切り替えボタン1

画面右上にあるボタンをタップすると、使用するカメラが切り替わります。iPhoneの持ち方を変えなくても、自分の姿と、自分の見ているシーンが撮れますよ。

●フラッシュ設定ボタン

画面左上にある横にあるLEDフラッシュ・ライトは、画面左上のボタンをタップして設定を変更します。「オフ」にすると発光せず、「オン」は強制発光で「オート」は被写体の明るさに応じて反応します。

なお写真モードだと撮影時の一瞬に、動画録画モードは録画時常に発光するようになります。

●ピント合わせ

ピントを合わせたい場所をタップするするだけでOKです。

●ズーム

画面下部に表示される+-スライダーを動かして、デジタルズームの比率を決めます。最大倍率にすると荒れが目立ってきますが、スナップが中心なら問題なし。

●カメラ切り替えボタン2

写真(静止画)と動画を切り替えます。ボタンは右下にあります。

(武者良太)