不安定になったiOS4入りiPhoneを治す

    100622-IMG_0028.PNG

    メモリを使いまくりなマルチタスクの弊害なのでしょうか。

    iOS4のiPhone、わあい! といろんなアプリを動かしていくと、見る見るうちにレスポンスが下がり、ゴキゲンななめになる場合があるそうです。。

    こんな時はどうしたらいいのでしょうかと悩んでいたときに降臨してくださったのが@demupeさん。

    多分メモリ不足に伴う不安定動作あたりが一番ユーザが混乱するとおもいます。<中略>マルチタスクのタスクマネージャーで不要なアプリを消すのが手っ取り早いです。使ってるうちにどんどん溜まるので。

    おおなるほど! というわけで、なにやら不安定になってきた...と感じた場合は、

    1.ホームボタンを長押し2度押し

    2.今は使わないアプリのアイコンを長押し

    3.マイナスマークをタップしてタスクを削除

    の3ステップでメモリを開放させてみてください。

    またiTunesは新しいアップデートファイルをダウンロードすると、光の速さで古いアップデートファイルをごみ箱にダンクシュートしてくれやがります。

    気づかずにごみ箱を空にしてしまうと哀れ古いアップデートファイルはお星様に...。とならないように、アップデート後はごみ箱から「iPhone~_Restore.ipsw」という名前のファイルをサルベージしておきましょう。2つある場合は3G用(iPhone1,2~_Restore.ipsw)と3GS用(iPhone2,1~_Restore.ipsw)なので、両方とも保存しておきましょう。これから、めちゃカンタンなダウングレード方法が見つかるかもしれないですしね。

    追記・タスクメニュー?の表示方法が間違っていました。申し訳ございません。

    [@demupe3 (Twitter)]

    (武者良太)

    不安定になったiOS4入りiPhoneを治す 1