任天堂3DSで遊んでみたよ。

任天堂3DSで遊んでみたよ。 1

Nintendo 3DSを体験してきました。

判決は? 課題もあるけど、賢くて、すごいシステムです! 僕もですけど、きっと皆さんにとっても今までこんなの見たことないと思います。この小さな3Dスクリーンをあなたの手に持った時、それは計り知れないほどクールな瞬間ってかんじ。

デザインはDS Liteにそっくりですけどね、中身は今まで体験したことのないような感じです。おまけに3Dなのにメガネいらず! だし、3Dの奥行きを自分好みに調整できる3Dボリュームがあるのもポイントかなぁって思いました。

それでは、いろんなゲームを実際にNintendo 3DSで遊んできたので、良かったこと、残念なことも含めて感想を報告しますね。

 まずはStar Foxから。これは記者会見では紹介されていなかったけど、3Dでプレーするために生まれたゲームなんじゃないかと思っちゃいました。Fox McCloudのスター・ファイターを飛ばし、敵に向かってレーザーを発射。そして、障害物の間を高速ですり抜けていく時なんて臨場感がすごいんですよ~

というように、3Dでの体験は本当に最高でした。でも、Avatarで感じたのと似たような問題がココにも...。自分の目をどこにフォーカスすればいいのか、目が対応しきれないってとこです。2Dでは、全ての光景で目の焦点を合わせることができるけど、少なくとも3DSに関しては3Dでプレーしていると複数の飛行機に焦点がいってしまったりして、私の脳は遠近感と新しい立体3Dの間で混乱してしまいました。

どういう意味かというと、単純に自分が思ってたよりも沢山、何回も飛行機をクラッシュさせてしまったんです。Star Foxは僕の得意なゲームなのに...。

多分、これはStar Foxの時だけじゃなくPilotwingsKid lcarusなど、他のシューティングゲームも同じ事が起こる気がします。

任天堂3DSで遊んでみたよ。 2

でも、シューティングゲームは3DSで遊べるゲームの1カテゴリーにすぎないし、他のタイトルではもっともっと素晴らしい体験ができますから。

例えば新しいNintendogsとか。今までのNintendogsと同じで、バーチャルなペットを可愛がるんですけど、3Dだとペット達が数倍も可愛くかんじるんです。だって、たまに犬がこっちに向かってジャンプしてくる時があるんですけど、その時、本当に犬の顔が僕に向かって飛び出してくるんですよ!

馬鹿らしいなぁって思うかもしれませんけど、本当におおおってかんじなんです。自分でも想像していなかったぐらいバーチャルなペットにつながりを感じちゃったみたいで、Nintendogsをプレーしながらニヤニヤしちゃいました。

楽しいペットとの蜜月は終わり、次はDJ Heroで遊んでみました。これは、3DSでゲームをする良さが最大限に分かるゲームだなぁって感じました。ロゴが魔法にかかったように浮いていたり、ターンテーブルから音符が僕に向かって飛んできたりしたても、本当に感動的だったので、あなたにも3DSで体験してもらいたいゲームの一つです。

そして、名前は忘れちゃったんですけど、王女様が出てくる3Dアニメーションのビデオクリップを観たんですけど、これまた本当に素晴らしかったです。シュレック 3Dを、これでみたらどんな風か想像することができました。映画を観るには少しスクリーンのサイズが小さすぎですけどね...。

今回、Nintendo 3DSで遊んで、入手できるNintendoのデモを一つ残らず全て観た後に感じたことは、ちょっとだけ僕の乱視がひどくなったような気が...。流石にゲームのハシゴは、けっこう心身ともにキツかったです。多分、これからNintendo 3DSでゲームを楽しむ人の多くは、3Dでプレーする楽しさと、それに対応しきれない視覚機能の間で悩んだ末に、途中でシブシブ3Dをオフにすることになっちゃうんじゃないかなぁ。

と、目が疲れちゃう問題もありますけど、Nintendoは完ぺきじゃないけど重大な転機とな

ったWiiリモコンで産業界を変えたように、間違いなく3DSでも同じことを成し遂げたと思います。Nintendo 3DSを買っても買わなくても、皆がメガネ無しで3Dのディスプレーを手に持つのが当たり前な日が来るのも近いんじゃないかなぁなんて思いました。

20100606_3DS120100606_3DS220100606_3DS320100606_3DS420100606_3DS520100606_3DS620100606_3DS720100606_3DS820100606_3DS920100606_3DS10

-Mark Wilson(原文/junjun )