これ何だ? ヒントは、頭と心の栄養を売ってくれる自販機です。

これ何だ? ヒントは、頭と心の栄養を売ってくれる自販機です。 1

     

iPadの登場で、本や雑誌の未来が・・・

という話題をよく耳にしますけど、そんななか、ドイツの出版社が古いタバコの販売機再利用して本の自販機を設置したそうです。

これは、Hamburger Automatenverlagっていう、ちょっと美味しそうな名前の出版社が立役者となっているプロジェクトで、ハンブルグ大学周辺にある古いタバコ販売機の中身を、コミック旅行のガイドブック詩集などに変えてみたんです。ちなみに、販売されている本は、全て地元ハンブルグの人が書いたもので、お値段は約4ユーロ(449円)だそうです。

売れているのか?否か?わかりませんけど、体に悪いタバコを売ってた自販機で、心や頭の栄養になる本を売るなんて、なんかとってもカッコイイ気がしませんか?

[Publishing Perspectives via Geekosystem]

- New Scientist(原文/junjun )