色を聞くリアルサイボーグな男

色を聞くリアルサイボーグな男 1

色は見るだけじゃないんです。ある人にとっては色は聞くものなんです。

28歳のNeil Harbissonさんは色盲で色を見ることができません。彼の目に映るものは全て白黒。

しかし、上の画にあるNeilさんの頭に取り付けられたカメラ、これがあればNeilさんは色を見る事はできなくても、色を聞くことができます。

この機械は色を音波に変えて彼に届けています。

これはまるで共感覚。共感覚を持つ人は文字や番号を見てそれから色を感じ取ることができるそうです。Neilさんは、ソルベニアのソフトウェア開発者とこの研究をしたイギリスの大学生と出会ったあと、この装置をとりつけ、サイボーグ化することを決めたそうです。

Neilさんが学校で美術を学ぶアーティストというのも、彼がサイボーグ化して音を色として認知することが役に立つ理由の1つでしょう。下の絵はヨハン・ゼバスティアン・バッハのトッカータとフーガ ニ短調をNeilさんが表現したもの。つまり、音楽を色に変換したもの、です。

色を聞くリアルサイボーグな男 2

[Wikimedia via Kuriositas]

Kat Hannaford(原文/そうこ)