対使徒用秘密兵器? アメリカ空軍の謎の建造物

対使徒用秘密兵器? アメリカ空軍の謎の建造物 1

この形状自体が使徒っぽいですが。

シンメトリーでカクカクしていて、アメリカ空軍にあるわけですからUFOを撃墜するための電磁波兵器か何かかと思いきや、実はチャペル。コロラドにあるアメリカ空軍アカデミーカデットチャペルで1954年に建築されました。

対使徒用秘密兵器? アメリカ空軍の謎の建造物 2

チャペルは槍状の建物17列からなり、全高は約50m。材料は100個の四面体から成る鉄フレーム製、四面体はどれも同じ形状で各5トン。各四面体の間には色ガラスをはめ込んで、より一層Sci-Fiな雰囲気を醸し出しています。

対使徒用秘密兵器? アメリカ空軍の謎の建造物 3

Architecture Daily

Jesus Diaz(原文/野間恒毅)