間一髪! エアレースで死の縁ギリギリから生還(動画)

 

まさにギリギリでしたよ。

オンタリオ、Windsorで行われたRed Bull Air Race World Championship 2010の予選でのこと。パイロットMatt Hallが操縦するアクロバット飛行機がパイロンでターンをした後、海面にまっさかさま。とっさに体勢を立て直し、水面にタッチしながらギリギリ墜落を回避しましたよ。

この事態にあたりは騒然。余りものギリギリさに観衆はビビリまくり、実況は絶叫。大事故を回避したMatt Hallによると、水面ギリギリをかすらせ衝撃を最小限にしつつ上昇、無事地上に戻れたとのこと。飛行機はエルロンが割れ、翼端とランディングギアカバーが脱落しただけで大きなダメージはなかったそうです。しかし安全をみて決勝レースは欠場となりました。

MICHEAL GOULIANによると「地球上もっとも腕のいいパイロット」とのことで、だからこそ死の淵から生還できました。

そんなアクロバット飛行の世界をかいまみたい人はこちらの動画をどうぞ。

 

 

正直こんな体験はしたくありませんね。もしすることになって死んだら、私のマンガコレクションiPadは Mattにあげますよ。

Red Bull Air Race

Jesus Diaz(原文/野間恒毅)