地球から撮った、最高解像度の宇宙画像!

地球から撮った、最高解像度の宇宙画像! 1

地上から見える世界が、また広がりました。

画像左側はハッブル宇宙望遠鏡が捉えたM92球状星団です。そして右側が、アリゾナにあるLBT(Large Binocular Telescope、大双眼望遠鏡)が同じ部分を撮影したもの。こちらが3倍解像度が高く、地球から撮影できた宇宙画像ではもっともクリアです!しかもまだLBTの能力を出し切ってはいません。

LBTの秘密は、光が大気によって屈折するのに対応する補償光学システムです。LBTにはふたつのミラーがあるのですが、セカンダリの薄いミラー(たった0.06インチ、約1.5mm)が微妙に形を変えることができるので、大気によって歪んだ光を修正できるのです。このミラーは1000分の1秒ごとに10ナノメートル単位の補正が可能です。絶え間なく細かい補正をかけ続けることで、LBTでは27.6フィート(8.4メートル)のミラーを使って宇宙のクリアな画像を撮ることができるのです。

さらに、現在LBTのミラーで補償光学装置を使っているのはひとつだけですが、もうひとつにも使われたらどうなることか?

[Space via PopSci]

Brian Barrett(原文/miho)