南アのレイプ撃退コンドーム

南アのレイプ撃退コンドーム 1

これは南アフリカのワールドカップで3万個以上無料配布されたコンドーム「Rape-Axe」です。

女性が装着する護身用。中にのこぎり歯が沢山ついているので、万が一襲われてもペニスにグッサリ食い込み、医師にいかないと外れません。残酷だけど、女性にとってはレイプも残酷ですからね。

発明したのは女医のソネット・エーラーズ(Sonnet Ehlers)さんです。レイプに遭った女性と知り合い、「そこに歯があったらなって思ったわよ」と言うのを聞いて、よし、痛いコンドーム作って懲らしめてやろう、と思い立ちました。

レイプが怖い女性は避妊具やタンポンのように自分で装着します。すると最悪の事態に遭遇しても、Rape-Axeが食らいついて金輪際離しません。抜こうとすればするほど余計にタイトに食い込み、しまいには排尿もできなくなるんだそうな。医者に駆け込む以外にRape-Axeを抜く方法はないので、そこで警察にも足がつく、というわけですね。

ソネット医師はW杯が終わり次第、1個2ドルで販売予定です。

[Rape-Axe via Jezebel]

Kat Hannaford(原文/satomi)