[東京おもちゃショー2010]一人に1台! 高性能トイラジが面白い

[東京おもちゃショー2010]一人に1台! 高性能トイラジが面白い 1

携帯電話の進化とトイラジの進化はシンクしてます。

ラジコンと区別して扱われる「トイラジ」。操作がデジタルで細かい動きはできない半面、コンパクトかつ安価にできます。さらに携帯電話で主流のリチウムポリマー電池を使い急速充電、パンチあふれる走りが堪能できるようになってきました。

タカラトミーのギガテンバギーはそんな特長をいかし、20分充電10分走行可能。バギーらしいダイナミックな走りが楽しめます。通信はWiFiなどでおなじみの2.4GHz帯、10台までの同時走行が可能。仲間と一緒に室内バギーが楽しめます。

[東京おもちゃショー2010]一人に1台! 高性能トイラジが面白い 2

ダイナミックといえばCCPの Gバウンドジュニアもオススメ。タイヤは本物同様チューブ式でポンプでふくらませます。砂利はもちろん生活防水なので水たまりもOK。走行後はジャブジャブ水洗いできます。飛んだり跳ねたり、上下逆さまになって走行できるお気楽さがトイラジらしくていいですね。

[東京おもちゃショー2010]一人に1台! 高性能トイラジが面白い 3

幼児にとってトイラジのコントロールは結構難しいもの。そこで簡単操作できるようにハンドル式にしたのがハピネットの「R/Cドライブしちゃお」。ギアチェンジもハンドル上のレバーでできます。

ラジコンはちょっと高いなあ、という向きにはトイラジも有力候補ですね。

100715_DSC_9090100715_DSC_9094100715_DSC_9095100715_DSC_9167

(野間恒毅)