3D VIERAで見るコンテンツがないなら自分で撮ればいいじゃない

3D VIERAで見るコンテンツがないなら自分で撮ればいいじゃない 1

とパナソニック、強引な手を使ってきました。

テレビBlu-rayレコーダー3D対応製品が充実しつつありますが、肝心のコンテンツは極めて少数なんですよね。そんなお宝を持ち腐れないようにするアイテムがこの「3D対応交換レンズ」。まるでレンズキャップ水中メガネかといった風合いですが、レンズに2つの光学系を内蔵し、DMC-G1/GH1など(予定)でステレオ写真が撮れるのだとか。GH1ならムービーもイケますね。

可愛らしいルックスでも中身はたいしたモノ。年内をめどに発売の予定だそうです。

パナソニック、デジタル一眼カメラでの3D撮影を可能にする2眼式交換レンズを開発[日経プレスリリース]

(武者良太)