コンセプトじゃありません。液状の防弾素材「防弾カスタード」

コンセプトじゃありません。液状の防弾素材「防弾カスタード」 1

       

常識にとらわれてちゃいけないんだなぁ。

私、新しい防弾素材と聞いた時、強くてコンクリートや分厚いガラスみたいな緻密質な物体を想像しちゃったんですけど、ぜんぜん違ったんです。なんと、イギリスの頭のやわらか~い科学者さん達が、予想だもしない液体の防弾素材を開発したそうなんです!

液体で防弾!? うそのような本当のはなしなんですよ。この、画期的な防弾素材は「防弾カスタード」と美味しそうな名前にもかかわらず、通常の防弾チョッキなどに使われているケブラーよりも強力で優秀なんだとか。

ちなみに、なんで「防弾カスタード」かというと、カスタードから想像がつくように、ちょっとトロントロンとした濃度のある液体に変化するから。いったん弾丸が液体装甲に当たると、弾丸が当たる時の衝撃を吸収し、反応し、分子がロックされて表面が更に密度が濃くてネバネバした素材に変化するんです。

とはいうものの、この液体装甲がケブラーにとって代わるってことはないようですけど、より軽くて柔軟性があって強いケブラーをつくる助けになることは確かです。既にテストが行われていて、10層のケブラーと防弾カスタードで出来た防弾チョッキは、31層のケブラーで作った防弾チョッキよりもパフォーマンスが優れていたそうです。

防弾チョッキが薄くて着やすいのに、ちゃんと今まで以上に銃弾から身を守ってくれるなんて、最高ですよね。

[BBC]

-Casey Chan(原文/junjun )