Androidは自由の天国だと思い込んでる? グーグル、勝手にユーザーのケータイからアプリ削除中

2010.07.13 15:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タグ:android

100712androids.jpg


もしこれをアップルがやったら...

すでに強権発動から2週間以上が経過しているのに、あまり批判めいた批判も沸き起こってないのが不思議なくらいです。とにかく自由奔放すぎるとの指摘とは裏腹に、グーグルが不適切と判断したAndroid Marketのアプリを、単に配布できないようにしたのみならず、世界中のAndroidケータイの内部へと勝手にリモートアクセスし、該当のアプリを根こそぎ削除していきましたよ! セキュリティー上の要因とのことですけど、なんかこれってどうなんでしょうか?

今回のような措置を講じることは、私たちだって望んでいません。でも、ユーザーの皆さまの安全が危険にさらされる場合には、迅速な対処を進めることを決意しています。Androidはオープンな環境ではありますが、今後も同様の対策によって、非常に高いセキュリティーレベルが達成されることをアピールしていきます。

そう堂々と説明を出したグーグルなんですけど、肝心の削除対象のアプリに関しては、何らかのマルウェアが仕掛けられていたとか、深刻なセキュリティーホールが発見されたとかではなく、ある研究目的にアップされた何の役にも立たないアプリだったくらいにしか説明されていません。じゃあ、こんなユーザーのAndroidケータイにまで一方的にアクセスして徹底削除を強制的に執行するほどの措置が、本当に必要だったのかって疑問だけが残りますよね。

たいしたアプリじゃないゆえに大事になっていないのかもしれませんが、こういうことをグーグルが許可なく繰り返していくと、ただ配布のみを厳しく取り締まるスタンスのアップルのほうが、まだマシに見える時代がやってくる可能性だって否定できないかもしれません...


[Android Developers Blog via Engadget]

Kat Hannaford(原文/湯木進悟)
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
B003IHS6AS
Android開発 最新動向レポート2010 (CD+冊子) (単行本(ソフトカバー))




 

特別企画

仕事に役立つサンバがあるらしい。

PR

それは一通の手紙からはじまった。 7月某日、ギズモード編集部に謎の手紙が寄せられた。 突如飛び込んできた謎の矢文(やぶみ)。そしてそこに記された不可解な文章。意味不明すぎる手紙に編集部一同が混乱に陥...
続きを読む»